稲盛和夫「自然性のエネルギー」

banner02
自然性 いいため話
画像:http://publicdomainq.net

人間は、自ら燃えていく自然性(じねんせい)の人と、火を近づけると燃える可能性の人、火を近づけても燃えない不燃焼の人の三つに大きく分けられます。

何かをやり遂げるためにはたいへんなエネルギーが必要です。

そしてそのエネルギーは、自分自身を励まし、燃え上がらせることで起こってきます。

人から言われたから、命令されたから仕事をするのではなく、言われる前に自分からやろうという積極的な人が、「自ら燃える人」です。

では、自分が燃える一番よい方法とは、何でしょうか。

それは仕事を好きになることです。

「惚れて通えば千里も一里」という言葉があるように、好きになれば苦労など感じません。

嫌々やっていると、どんなことでも、つらく感じるものです。

仕事を好きになることで、どんな苦労の最中(さなか)でも、「一生懸命に打ち込んでみよう」と気持ちを前向きに切り替えることができます。

全力で打ち込んでやり遂げれば、大きな達成感と自信が生まれ、次の目標へ挑戦する意志が生まれます。

その繰り返しのなかでさらに仕事を好きになり、ますます努力を惜しまなくなり、素晴らしい成果を上げることができます。

仕事を好きになるための努力をすること、これこそが人生において、また仕事において、最も重要な要素だと思います。

_______

考え方

稲盛 和夫 著

大和書房より