松井秀喜「世の中には変えられることと変えられないことがある」

banner02
松井秀喜 いいため話
画像:https://news.yahoo.co.jp

世の中には変えられることと変えられないことがある。

過去に犯した過ちは変えられないが、今後、その償いをどうするかは自分の意思で決められる。

突然襲いかかる災難は変えられないが、それをどう乗り切るかは自分の智恵と覚悟にかかっている。

変えられないことに悩んだり、悔んだりするのは時間の無駄だ。

もちろん、なぜそうなったのかという原因を考えて、反省すべき点は反省すべきだが、なかには不可抗力のものもある。

かつて巨人とヤンキースで活躍した松井秀喜選手は、スランプに陥っていたときにマスコミからバッシングを受けた。

そのとき松井選手はこう発言した。

「周りの評価を僕が変えることはできません。自分ができることはいかに球をみて、いかにかっとばすか。そこに集中するだけです」

_______

いい男論

永松 茂久 著

クロスメディア・パブリッシング