経営の神様といわれた「松下幸之助」氏の【商売戦術 三十箇条】

banner02
画像:http://lrandcom.com/

1.商売は世のため人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり。

2.お客様をじろじろ見るべからず。うるさく付きまとうべからず。

3.店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何。

4.棚立て上手は商売下手。小さい店でゴタゴタしている方がかえってよい場合あり。

5.取引先は皆親類にせよ。これに同情を持ってもらうか否か店の興廃のわかるるところ。

6.売る前のお世辞より、売った後の奉仕。これこそ永久の客を作る。

7.お客様の小言は神の声と思って何ごとも喜んで受け入れよ。

8.資金の少なさを憂うなかれ。信用のたらざるを憂うべし。

9.仕入れは簡単にせよ。安心してできる簡単な仕入れは繁盛の因と知るべし。

10.百円のお客様よりは一円のお客様が店を繁盛させる基と知るべし。

11.無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。

12.資金の回転を多くせよ。百円の資本も十回まわせば千円になる。

13.品物の取り換えや返品にこられた場合は、売ったときよりも一層気持ちよく接せよ。

14.お客の前で店員小僧をしかるくらいお客を追い払う妙手段はない。

15.良き品を売ることは善なり。良き品を広告して多く売ることはさらに善なり。

16.自分の行う販売がなければ社会は運転しないという自信を持て。そしてそれだけに大なる責任を感ぜよ。

17.仕入先に親切にせよ。そして正当な要求は遠慮なく言え。

18.紙一枚でも景品はお客を喜ばせるものだ。付けてあげるもののない時は笑顔を景品にせよ。

19.店のために働くことが同時に店員のためになるよう、待遇その他適当の方法を講ずべし。

20.絶えず美しい陳列でお客の足を集めることも一案。

21.紙一枚でも無駄にすることはそれだけ商品の値段を高くする。

22.品切れは店の不注意、お詫びした後「早速取り寄せてお届けします」とお客の住所を伺うべきである。

23.正札を守れ。値引きはかえって気持ちを悪くするくらいが落ちだ。

24.子供は福の神。子供連れのお客、子供が使いにきての買い物にはとくに注意せよ。

25.常に考えよ 今日の損益を。今日の損益を明らかにしないでは寝に就かぬ習慣にせよ。

26.「あの店の品だから」と信用し、誇りにされるようになれ。

27.御用聞きは、何か一、二の品物なり商品の広告ビラなり持って歩け。

28.店先を賑やかにせよ。元気よく立ち働け。活気ある店に客集まる。

29.毎日の新聞広告は一通り目を通しておけ。注文されて知らぬようでは商人の恥と知るべし。

30.商人には好況不況はない。いずれにしても儲けなければならぬ。