高田明「伝えることから始めよう」

banner02
高田明 いいため話
画像:http://tarot-channeling.com/

伝え方には技術があります。

それを学び技量を高めることはとても大切です。

が、長く伝える仕事をしてきて私が痛感しているのは、技術や技量以上に「何を伝えたいのか」ということをはっきり意識することが大切だということです。

「何を伝えたいのか」という根幹がぼんやりしていては、技術や技量があっても猫に小判ですよ。

「伝えたい」という情熱があって、伝える技術と能力があっても、肝心の伝える内容がはっきりしていないのでは、伝えようにもどうすることもできません。

商品にはさまざまな側面があります。

言い換えると、一つの商品でも視点を変えることでさまざまな魅力を引き出すことができるんです。

値段を追及するならば安さが魅力でしょうし、おしゃれに敏感な人にはデザインがポイントになります。

性能が魅力になることもあれば、持ち運びを考えると軽さが最大の長所になることもありますよね。

使いやすさ、デザイン、環境への配慮、健康・・・・、視点を変えることで、一つの商品は実にさまざまな表情を見せてくれます。

だからこそ、そのうちの「何を伝えたいか」を明確にすることが大切です。

ここもいい、あそこもいい、こっちも、そっちもでは、いったい何がいいのか、何を伝えたいのか、さっぱりわからず、結果、何も伝わらないということになりかねません。

ですから、「何を伝えたいのか」を明確に意識することが、とても大切です。

_______

伝えることから始めよう

ジャパネットたかた創業者 髙田 明 著

東洋経済新報社