原監督の“怒りスイッチ”は「裏切った時」

banner02
原晋 いいため話
画像:http://news.livedoor.com/

原監督の“怒りスイッチ”は「裏切った時」だという。

青学大の校風は文武両道。

選手は「勉強も練習も頑張ります」として入部したにもかかわらず「練習についていけずに早々に辞めたいなどと言われると、まだ何も努力していないじゃないか、あの約束は何だったのかと怒ります」。

怒る時は「言い訳をさせない、徹底的に理由を聞く。逃げ場を作らせない。“またでいいや”ではなく、徹底的に“お前の悪さを追及する”ということです」。

もうひとつは「言い訳」をした時。

一言目に謝罪がないまま、出来ない理由を次々と口にする選手にはガッチリ怒るという。

半面、素直に謝ることが出来る選手には見どころあり。

反省すれば、出来ない理由よりも「どうすれば出来るか」を考えるようになり、次のステップへ移っていく自主性を持つからだ。

_______

人を育て組織を育て成功を呼び込む勝利への哲学157

原 晋 著

ぴあ