ロナルド・レーガン大統領の一言力(ひとことりょく)

banner02
レーガン いいため話
画像:https://www.historychannel.co.jp/

不利な立場に立たされた時こそ、「一言力(ひとことりょく)」がモノをいいます。

1984年のアメリカ大統領選挙は、2期目を目指す共和党のロナルド・レーガン大統領に民主党のウォルター・モンデール候補が挑む戦いでした。

当時、レーガンは既に73歳。

対するモンデールは56歳。

マスコミ報道や世論調査でもレーガンの高齢を問題にしました。

キューバ危機の時、故ケネディ大統領が何日も徹夜で問題解決にあたったことを例にあげ「既に最高齢大統領のあなたにその体力はあるのか?」と質問したのです。

レーガンにとっては一番触れられたくない弱点で、嫌な質問です。

しかし彼はすました表情のまま、短い言葉でその立場を逆転しました。

それは以下のようなものです。

「わかってほしいのは、私がこの選挙で年齢問題を争点に取り上げるつもりはないということです。

したがって対立候補(モンデール)の若さや経験不足を争点にして取り上げようとは考えていません」

この抜群の切り返しに会場は爆笑につつまれます。

質問にたった司会者も、対立候補のモンデールさえもが思わず笑ってしまったくらいです。

その結果、レーガンの年齢問題は不問にされ、選挙ではレーガンが圧勝しました。

のちにレーガンは「私はこの14語のセリフによって大統領当選を確実にした」と回想しています。

これは一言力の中でも「短答力」と言える能力です。

スポーツ界でも、名選手や記憶に残る選手は「一言力」が秀でていることが多いです。

例えば、日本プロ野球界で選手としても監督としても大きな実績を残した野村克也は、その「一言力」によって多くの人に注目されてきました。

彼の一言力は、天性のものではなく、あらかじめ準備し鍛えることによって身についたものです。

現役時代、史上2人目の600号ホームランの時に語った「王や長嶋が太陽の下で咲くヒマワリなら、オレは夜にひっそり咲く月見草のようなもの」という有名なフレーズは、数ヶ月前から準備して考えていたものでした。

当時、所属していたパ・リーグは人気がなく、印象に残るコメントを出さないと新聞記事にしてもらえないという思いから、ずっと前から考えていたのです。

太宰治の『富嶽百景』の一節「富士には月見草がよく似合う」をヒントにこのフレーズを思いつき、ここぞとばかりに語りました。

これは一言力のなかでも「比喩力」に分類される能力です。

その後も、本人の言葉やそこから派生した言葉として、現役時代には「生涯一捕手」、「解説者時代には「野村スコープ」、監督になってから「ID野球」「野村再生工場」など、流行語になるような言葉がいくつも生まれ(こちらは「命名力」という能力)、東北楽天ゴールデンイーグルスの監督時代には、試合後のコメントが必ずスポーツニュースなどで使われていました。

これらもすべて思いつきだけではなく、普段からいろいろな本を読み、使えそうな言葉を常にストックしていたといいます。

レーガンも、その場で思いついた一言のように語ってはいますが、実際は「必ず来る質問」なのですから、周到に準備していた可能性が高いでしょう。

このような、人知れず行う、地道な努力や準備も、「一言力」を向上させるためには欠かせません。

もちろん、当意即妙の「一言」がいつでも口から出る天才的な方もいるでしょうが、多くの人はそうではないでしょう。

私の職業はコピーライターです。

コピーライターはもっとも「一言力」が必要とされる職業だと言えるかもしれません。

会社経営にも「一言力」は重要です。

経営者は社内外に向けて、自らの「方針」「理念」を示し続けなければいけません。

それが「本質をえぐった刺さる言葉」であるか、「手垢にまみれた常套句(じょうとうく)」であるかは、評価に大きな影響を与えます。

社員のモチベーションにも大きな影響を与え、ひいては業績も左右します。

『一言力』幻冬舎新書