宮﨑駿「世の中には二種類の人間しかいない」

banner02
宮﨑駿 いいため話
画像:http://www.cinemacafe.net

宮崎駿の考えは終始一貫しています。

世の中には二種類の人間しかいない。

味わう人と味わわせる人。

味わいたい人は、アニメーションなんかやらなきゃいいんだ。

ちなみに、彼は絵を描くときに、資料はいっさい見ません。

あるとき、みんなでアイルランドへ遊びに行ったとき、こんなことがありました。

アイルランドの西に人口800人のアラン島という島があるんですが、そこを旅したときの話です。

なにしろ、そんな島だから、バーへ行くといっても歩くしかない。

帰りにもう夜中だというのに、空は白夜でうっすら白い。

で、民宿へ戻ろうと近くまで来たとき、民宿の屋根にカラスがいっぱい。

それが突然飛び立ったんです。

気がつくと、宮さん、立ち止まってじっと見ている。

感受性のうすいぼくにもわかりました。

なんとも綺麗な風景のなかにぼくらの泊まる民宿があったのです。

めずらしくカメラを持っていたぼくが写真を撮ろうとシャッターを切ると、めずらしく彼がいきなり怒り出しました。

「やめてください!」

気が散るというのです。

仕方がないので、じっとしている。

時間にして五、六分だったでしょうか。

ややあって、「帰りますか」ということになりました。

それから半年後、『魔女の宅急便』という映画を作っていたときのこと。

宮さんが一枚の絵を描いてぼくのところに持ってきたんです。

「これ、覚えていますか?」

覚えているも何も、あの民宿。

顔を見ると、いたずらそうな顔をしています。

「だいたい、思い出したんだけど、思い出せないところがある。鈴木さん、あのとき、写真を撮ったよね」

こうしてオリジナルの絵が生まれます。

思い出せなかったところは想像で埋めます。

だから、彼は資料を見ながら絵を描く人を信用しません。

というか、いやしくも絵を描く商売をめざすなら、いろんなものに好奇心を持って、日常的に観察はしているものだというのです。

その積み重ねこそが大事だというのです。

_______

ジブリの哲学

鈴木 敏夫 著

岩波書店