船井幸雄「亡き父から、よく言われたこと」

banner02
船井幸雄 いいため話
画像:http://www.mlm-networkbiz.net/

まだ幼かったとき、亡き父から、よく次のようにいわれたものである。

「たえず、次にしなければならないことを考えて、一番よい状態を準備してから、物事をやるクセをつけなさい。

たとえば、他家を訪問したとしよう。

靴を脱いだときには、すぐはけるようにまず出口の方を向け、靴すべりを靴の横に準備し、きちっとそろえてから上にあがるのですよ。

また、夜、寝るときには、翌日の着るもの、はくもの、持ってゆくものなどを、自分の翌朝身につける順序に、きちっとふとんの横にそろえておくものだよ」と。

おかげで、私は、たえずベストの状態に自分を置いておくことの、無意識的訓練を積み重ねたようである。

《勝者の条件》

『未来を変えるクセづけ』海竜社