堀江貴文「起業している奴らの共通点」

banner02
堀江貴文 いいため話
画像:bond-mag.jp

考えてみれば、僕より上の世代の成功している起業家には、社会のはみ出し者が多かった。

実家がすごく貧乏だったり、働き口がなかったり、社会的マイノリティだったり。

そのままでは社会のメインストリームに乗れない人達が、やらざるをえなくて起業したケースが多い。

ソフトバンクの孫正義氏も、そうした起業家の一人だろう。

ほかに選択肢がないから、変なプライドを捨て、実現可能性が云々といった余計なことも考えず、彼らは必死になる。

最初からうまくいくことは少ないので、失敗は何度か繰り返すが、失敗から学ぶことでうまく回せる。

最初は無茶でいい加減なことをしていても、会社が軌道に乗ってくれば、利口な人間が入社してくるから経営も安定してくる。

それがこれまでの起業家の成功パターンだ。

何かことをなすためには、プライドなんて余計なものは必要ない。

むしろ周りにいる人がプライドが高すぎて動けないところで、「プライドがなかったからできちゃった」みたいなことはたくさんある。

中途半端に小利口な人は、グダグダ、グダグダ考えているだけで、結局何もできない。

_______

本音で生きる

堀江貴文 著

SB新書より