ブルース・リーからみる【成功力】とは??

banner02
出典:http://www.three000.net/

古今東西の偉人の伝記をひも解いてみると、“成功”というものはそうたやすく手に入るものではないと気づく。

それはいくつもの困難や障害を克服した“成績”なのだ。

もちろんブルース・リーも例外ではない。

彼の勤勉さはその友人や門弟たちが全員認めている。

2千5百冊もの蔵書を例にみても、全ての本に目を通し、注釈まで加えている。

本によっては何度も読み返し、アメリカにいる12年間の間に、ほぼ2日に1冊のペースで読んでいるのだ。

このデータについて皆さんはどう思うだろうか?

多くの人は「チャンスがない」とか、「自分にチャンスがめぐってこない」などと言っているが、チャンスという形のないものは、しっかりと準備している人間の前にのみ現れるのだ。

「成功者は困難の中からチャンスを見いだし、失敗者はチャンスの中から困難を見いだす」

言い換えれば誰の近くにも常にチャンスが満ちており、多くの人はそれを見過ごしているだけなのだ。

引用:「ブルース・リー 思想解析」
ロジャー・ロウ 著
オルタナパブリッシング