伊能忠敬の人生

いいため話 伊能忠敬
画像:www.historychannel.co.jp

日本列島を正確に測量した最初の人は、伊能忠敬であった。

49歳のとき、家業の酒造業を息子に譲り、50歳から天文学、暦学の勉強を始める。

55歳から71歳まで17年間、日本列島を歩き続け、

「大日本沿海実測全図」(通称「伊能図」)を完成した。

ぜん息の持病に苦しみながら、72歳で亡くなるまで自分の夢を追い続けたのである。

忠敬が踏破した距離は4万3千キロ。

地球を一周と10分の1を歩く距離であるから驚く。

ところで、もし忠敬に、

大事業の決意のほどを尋ねたら、なんと答えただろうか。

「初めの一歩を踏み出すのに決意などいらない」と

答えたに違いないと思う。

私たちが大きな仕事を前にして、なぜ勇気を失うのかを考えてみたらわかる。

まず、大きな仕事だ、大変だという思いで、やる前から萎縮している。

そして、

できるだけ無理しないで、最短距離で目的地に到着したい、

失敗して笑われたくない…

これらの、要領よくやりたい、

という雑念にとらわれてしまう。

一方、忠敬は、こんな小さな心に

かかずらわっていなかったに違いない。

たとえそんな心があっても、それはそのままにして、

まず1歩を踏み出して、2歩目はそのときに考えればいいと、

我が道に飛び込んでいったのである。

〜〜〜

出典

[人生、「不器用」に生きるのがいい]

藤原 東演 著

祥伝社より