【本田健】なぜ、あの人はいつも好かれるのか?

「いつも一所懸命に頑張っている人」は応援されます。 「汗をかいている人」は、誰しも応援したくなるものです。 たとえば、一所懸命にラーメンをつくっている人、道路で汗だくになって工事している人、重い荷物を運んでいる人。 特に、雑用を丁寧にやるこ […]

高田純次の「適当論」人間社会のひがみについて語る

できる人間、賢い人間、金持ち、美人というのはひがまれるものです。 それが嫌なら上司になるなとさえ言えます。 金持ちになるということは一方でひがまれることでもあるのです。 金持ちである幸せはあるかもしれませんが、ひがまれることを覚悟する必要が […]

渡邉美樹の唱える「働く」とは何か!?

「働く」とは 大きな夢を抱き その夢に向かって 一歩一歩努力する。 そのプロセスの中で 一人でも多くの人を愛し 一人でも多くの人から愛され そして 「ありがとう」 を集めていくことだと思います。 そして 何をして働くか つまりどのような形で […]

手慣れてしまったものは何ですか?

「手慣れてしまったものは何ですか? / 岡本太郎」 人は何かに手慣れてしまうと、手を抜き始めます。 すると、真剣ではなくなります。 それは相手にも伝わり、結局、いい仕事ができなくなってしまいます。 仕事の中にはルーチンワークもあるでしょうが […]

ドラッカーも認める「70歳のおばあちゃんの奇跡」

ある商社マンが3か月後の海外赴任の辞令を受け、奥さんと幼い子供たちは海外に連れていくことにしました。 でも、70歳のおばあちゃんだけは、英語しか通じない慣れない土地での生活はムリだろうと、日本に残ってもらうことにしたのです。 それを聞いたお […]

桜井章一&藤田晋の仕事術「貸し借りと運の関係」

頼みごとがうまくて、いろいろな人に借りをつくるのが上手な人。 頼まれていろいろやってあげたり、貸しをつくるのが上手な人。 両者を比べた場合、どちらのほうが運がよくなるかというと、間違いなく後者です。 短期的にはいろいろな人に頼みごとをして、 […]

百年以上続いている会社はどこが違うのか?

老舗の群れである富山の薬売りの業界では、 「楽すれば 楽が邪魔して楽ならず 楽せぬ楽が はるか楽楽」 という「七楽の教え」が昔から伝えられています。 日々、快楽志向に陥ることなく、コツコツと自分の目の前の仕事を地道に着実に続けていくことが、 […]

斎藤一人さんの伝える「本当の人脈づくり」の方法

「パーティーや異業種交流会なんかに行くと名刺の数は増えるけど、仕事に結びつかないよな。だいたい、そんなもんなの。 人との付き合いで大切なのは、“目の前にいる人を大切にする”ことなんだよ。これが基本。 よくね、『こんなすごい人がいる』って聞く […]

「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」などを手がけ、ブックオフの創業者でもある坂本孝氏の著書より

私がみなさんの心の中に閉じ込めてほしい、しまっておいてほしい、と繰り返し伝えているのは「仲間のために汗をかく」。 この一言っきりです。 他に何も言っていません。 例えば、私たちが学んでいる稲盛塾長の京セラフィロソフィの一つに、「人の行いの中 […]

1 66 67 68 69 70