小枝にしばられたゾウ

インドでは子象が逃げ出さないよう服従を教えるために、 子どものうちに頑丈な木など動かせないものにつないでおくそうだ。 子象がもがいても頑丈な木はびくともしない。 そのうちに子象はいわゆる「学習性無力感」を学び、 何をしても逃げられない、 い […]

稲盛和夫「波乱万丈の人生」

大学を卒業した後、京都の碍子(がいし)の製造会社にやっとの思いで就職できたのですが、これがいまにも潰(つぶ)れそうな会社で、戦後ずっと赤字を続け、最初から給料が遅配するような会社でした。 最初は私もひどいところに就職してしまったと思いました […]

綾小路きみまろ 波乱万丈な人生

綾小路きみまろさんは、長い間キャバレーでの司会者や漫談をしていました。 苦節30年ようやく世にでました。 「・・・私はとにかく漫談が好きだった。 漫談をやりたかった。 その思いが、私をずっと支えてきました。 自分の話で人が笑うのは、私にとっ […]

西田文郎「優秀な経営者・ダメ経営者」

優秀な経営者はみんな優先順位をつけるのがうまいんですよ。 逆にいうと、優先順位が低いことはやりません。 その軸がぶれないんですね。 優先順位は、 「いつまでに、何をどのように行うかを決める」 ことですが、 後先順位も決まっているんです。 後 […]

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

ふたりの天才画家、ゴッホとピカソの偉大な名声なら、誰もが知っているだろう。 だが、ふたりの生前の境遇には、天と地ほどの差があった。 ゴッホの人生であまりに有名なのは、多くの職を転々としながら苦労して画家となり、ゴーギャンとの共同生活が破綻し […]

松下幸之助「仕事とは?」

人間の生活はすべてのことが自分ひとりではできない。 着物にしても食べものにしても、他の人の労作によってできたものだ。 そのかわり自分もなんらかの労作を他人に与えて生活が成り立っている。 つまり労作の交換である。 この労作を交換しない、もらう […]

千田琢哉「正しいノルマとの付き合い方」

ノルマを与えられると、どうしてあんなに苦しいのだろう。 他人から強制されることを人はとても嫌うからだ。 ノルマに限らず、他人から自分の目標を強制されるのは、牢獄に閉じ込められるようなものだからだ。 とはいえ、ノルマが与えられるのは仕方がない […]

岩崎峰子「伝説の芸妓 祇園の教訓」

京都で【伝説の芸妓】と言われる岩崎峰子さんは 著書[祇園の教訓]のなかでこう言っております。 「人見知りの性格が幸いしたのかもしれないと思うことがあります。 もし、私に誰とでもすぐに親しくなれるという 〝才能〟があったら どうやってお客様を […]

1 59 60 61 62 63 70