萩本欽一「演技なんかより性格を磨いたほうがいいよ」

僕のところから出て、何かをつかんだ子というのはみんな、受け取り方、つまり気持ちの持ち方がいいの。 だからやっぱりすべては性格だよ。 オーディションではみんなうまく演技して、何とか受かろうとする。 そこは一生懸命努力したやつが受かるの。 だけ […]

村上龍男「加茂水族館を救ったクラゲの話」

仕事において大きな成果を残す人間は、万事において楽観的なところがある。 逆に仕事のできない人間は、成果があがらないと、置かれた環境の不備を嘆くばかりで、いたずらに悲観的になる傾向があるものだ。 「ピンチはチャンス」 「災い転じて福となす」 […]

ビジネスでも言える「蛇口」にまつわる話

作り話とも思えるが、こういう話がある。 昔、砂漠地帯のような水が非常に貴重な地域から来日した人が、ひねると水が出る蛇口を見て、土産にしたいと思ったという話だ。 井戸を掘っても掘ってもうすぐ枯れ、地域によっては水をくむため長い距離を歩いたり、 […]

ジョージ・ワシントンに学ぶ【リーダー】のあり方

寒さの厳しい日でした。 軍本部から供も連れずにジョージ・ワシントンはやってきた 野営地に近づいた時は誰も総司令官と気付かなかった。。。 それもそのはず、 彼は襟を立て、身を切るような風から顔を守るため 帽子を目深にかぶっていました そこでは […]

【成功哲学】夢を実現する人・しない人の違い

人と話をしていると、あれこれできない理由をいいだす人がいます。 こういう条件だからできない、こういう環境だから不可能だと、できない理由を並べ立てるのですが、こうすればできるのではないか、こんな方法があるのではないかと、できるようにするために […]

【小林正観】とある自転車屋さんの話「人を喜ばせる」

ある自転車屋さんの話なんですが、今、自転車というのは、スーパーマーケットとか量販店だとかですごく安く売ってますよね。 わざわざ専門店に買いに来る人が少なくなってしまって、これからどうしたらよいだろうか、という相談を受けたんですね。 私は「喜 […]

成功する人の【条件】中畑清氏「二言(にげん)挨拶」

私が駒澤大学野球部監督に就任して間もない頃のことである。 大勢いる部員の中に、こいつはどこか人と違う挨拶の仕方をするな、という選手がいた。 後に読売ジャイアンツに入団し、「絶好調男」の愛称で人気者になった中畑清である。 当時の彼は、率直に言 […]

ナポレオン・ボナパルト「天才の勉強術」とは??

ナポレオンは幼年時代から貧欲な読書家だったが、 ここで大切なのは、手当たり次第に本を読みとばしたのではなく、要約や抜粋、感想などを記した克明な読書ノートをつくっていたことだ。 描くことで、一層よく考えられる。 ものを考える最善の方法はものを […]

世の中のビジネスで成功するために「絶対必要」なこと

あらためて自分の成功と失敗を振り返ってみた私は、興味深いパターンを見出した。 大成功を収めたとき、私は集中力を一つのことだけに向けており、成功にばらつきがあったときには、焦点も定まっていなかったのだ。 つまり「的をしぼる」のだ。 何かに成功 […]

ビジネスマンとして【人脈】は◯◯だ!

ビジネスマンにとって人脈は、かけがえのない宝です。 お互いの持つ“専門力”を生かして何かをしたり、自分の苦手なことや知らない分野の知識をカバーしてもらったり、劇的なコラボレーションを実現させたり。 人と人とのつながりが、ビジネスチャンスを無 […]

弁護士「山口真由」の努力の考え方とは??

私はものすごく努力家だと言われます。 東大法学部を主席で卒業したことや、大学の4年間で162単位を履修し、そのすべてにおいて「優」以外をとったことがないことや、大学のときの教養科目の平均点が99点を超えていたことを言うと、「天才」のような扱 […]

1 54 55 56 57 58 62