ナイチンゲール「批判を好む人間へ」

毎日毎日を義務的に過ごし、 人生に感謝するより、批判するのを好む人間が多いのは、 何とつまらないことだろう。 けれども大半の人間は、 まさにこうした人生を送っているのである。 人生はわずかしかないのに、 いつまでも、時間があると思ってるのだ […]

九州に一人の新聞配達の少年がいました。

九州に一人の新聞配達の少年がいました。 近所で遊んでいる子どもは、いつも彼を見たら石を投げたりしていじめました。 あるとき、石がほんとうに当たってしまいます。 すると、少年は石を投げた子どものところに行って、「おれが何か悪いことをしたか」と […]

言葉の羅針盤

王が軍隊と共にインド遠征から帰ろうとして、ある砂漠を渡っていたときのことだった。 持参していた水が尽きる。 砂漠で水を失った者に待っているのは死である。 このとき兵士の一人が、どこからか水を見つけ、兜に汲み、それを王に渡す。 兵士の誰ひとり […]

一番むずかしい茨の場所を生きる

ラーメン店を開きたいという人が、相談にやってきました。 そして、こう言うのです。 「すでに開業している近くのラーメン店を超えるなんて、そんなむずかしいことは、自分には無理。先輩ラーメン店にはぜんぜんかなわないけれど、その一番後ろで、やってい […]

人の数だけリーダーらしさがある

誤解されがちなのは、リーダーらしさが必要といっても、入試問題の正解のように、ただ一つの「正しいリーダー像」があるわけではないということです。 むしろ、人の数だけリーダーらしさがあると言ったほうがいいかもしれません。 自分のアイデンティティ、 […]

ある企業の共同創立者の話

ある企業の共同創立者の話です。 その企業は2人の人物が創立したのですが、この2人の間で1つの約束事があったそうです。 それは、こんな約束でした。 「もし、2人の意見がA案とB案で対立して、そのうちA案のほうを採用してうまくいかなかったとき。 […]

斎藤一人の「勝手に人が育つ」経営の極意

世の中の99%の会社は、借金をしているそうです。 でも、私の会社は今まで一度も借金をしたことがありません。 そこでよく「無借金経営」について聞かれるんだけど、借金している会社が多いから借金が正しい、ってことにはならないんです。 東大の問題で […]

最強の勉強法

アメリカの大学では、予習してその範囲を学習していることを前提に授業が進みます。 ですから、先生から「あの部分についてどう思うか」といった質問をいきなりされることもあります。 もし、そこで何も予習をしていないと、答えられずに恥ずかしい思いをす […]

会社を経営するときに大切にすべきこと

私が会社を経営していた時、一番大切にしていたのは、売上げや利益を伸ばすことより、社員の人間的成長を図ることでした。 人間は簡単には成長しません。 相当な期間と忍耐力をもって、コツコツと実践を積み重ねることにより、習慣が変わり、人間の質が変わ […]

堀江貴文「多動力って何?」

実は、かつては誰もが「多動力」をもっていた。 そう、あなたが3歳児だったころ、「多動力」は確実にあなたの中にたっぷりと備わっていたのだ。 ご飯を食べていても、興味がころころ移っては、ジュースをこぼしたり、お皿を割ったり、親を困らせていたはず […]

物を売るということは、簡単

物を売るということは、簡単なんです。 俺はね、「それは簡単です」って言うのが口グセなんですよ。 「簡単なんですよ」って聞いて、「あ、それは簡単ですね」って、思う人は成功者なの。 失敗者っていうのは、どんなこと言っても、「それは大変ですね」っ […]

1 2 3 4 5 54