ほとんどが負けの連続

競争社会では、ほとんどの人が負けの連続である。 常勝できる人間は、ほんの一握り。 たとえば、 テニスのウィンブルドンの男子シングルスで、 負けることなく会場をあとにできるのは、 たった1人のプレーヤーだけ。 残りの127人遅かれ、早かれ、 […]

いまでなければ、いつするのか?

ある人が最近、「いやあ、そんなことをするには私はもう年をとりすぎているよ」と言った。 こういう言葉を聞くと私は悲しくなる。 以下の事実について、あなたはどう思うだろうか。 ● ヴェルディは76歳で「アベマリア」を作曲した。 ● マーサ・グラ […]

司馬遼太郎「21世紀に生きる君たちへ」

21世紀に生きる君たちへ(司馬遼太郎) 私は、歴史小説を書いてきた。もともと歴史が好きなのである。 両親を愛するようにして、歴史を愛している。 歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、 「それは、大きな世界です。かって存在した何億という人生が […]

仕事と遊びは一緒にできない?

クリエイティブな仕事には、真剣な時間と遊びの時間がある。 往々にして最善の結果が出るのは、両者をうまく組み合わせた時なのだ。 一方、遊びと仕事をきっちり分けるのは、現実的でないばかりか、害さえ及ぼす。 研究により、子どもでも大人でも、仕事と […]

AIに振り回される社長

最新のテクノロジーが戦い方を変えるというのは、何も現代に限ったことではありません。 発想を柔軟にしてもらうために、時代を変えて説明しましょう。 戦国時代には鉄砲という新しいテクノロジーが登場し、戦い方を変革させました。 その象徴的な場面が、 […]

世界中の人々を自己変革に促した

現代社会には悪しき風潮が蔓延している。 私たちはそれを認識し、自分が少しでもあてはまるなら謙虚に反省して、それにかわる3つの新しい価値観を確立しなければならない。 1. 言い訳や責任転嫁ではなく自己責任 間違った選択をしたら、その結果は自分 […]

中谷彰宏「人と違う生き方」

「自分らしさ」を出したいと思うなら、まずそのベースとなるマナーを身につけることです。 サラリーマンは、どうしたら人に嫌われないようにできるかを考えて行動することがマナーです。 落語家の世界は、前座→二つ目→真打と昇進します。 前座の間に覚え […]

「完璧なリーダー」は、もういらない

「今日から、あなたがチームのリーダーです」 職場や学校で、ある日突然そう言われたら、あなたはどうしますか? 「望むところだ!」と気合を入れる? 自信はなくても、「頑張ります」と、挑戦してみる? 「私には務めあげる自信がありません」と、辞退す […]

AIvs.教科書が読めない子どもたち

私は日本人の読解力についての大がかりな調査と分析を実施しました。 そこでわかったのは驚愕すべき実態です。 日本の中高生の多くは、詰め込み教育の成果で英語の単語や世界史の年表、数学の計算などの表層的な知識は豊富かもしれませんが、中学校の歴史や […]

ビジネスモデルの大転換

いま、世界のビジネスモデルは大転換しようとしている。 これに伴って、組織のあり方や人々の働き方も大きく変わる。 そうした変化を先導できる国や企業や個人が発展し、変化に対応できない国、企業、個人が遅れを取り、衰退する。 大航海時代から産業革命 […]

隠れたチャンスの見つけ方

私たちはついこう言ってしまう。 「もっと体力があれば、毎朝ジョギングするんだがなぁ」 それじゃだめ!まず、走り出さないと。 「やる気が出れば宿題をすませるんだけど」 それもまちがい。 「元気があれば、事業を始めたい」 それじゃできるわけない […]

小さなことに時間をかける

どんな小さなことにも、必要なだけの時間をかける。 急ぎ足の人生は願いさげだ。 私たちが「充分な時間がない」と思いこんでいる限り、 時間が足りるなんてことはない。 だからエレベーターに駆け込み、電車に駆け込み、 電話の合間にあわただしく昼食を […]

1 2 3 4 66