サンクコストの過大視

《あなたは1億円の予算で新しいサービスの開発をしています。すでに8000万円を投資して、完成まであと残り20%、というところまで来ています。しかし、競争相手の会社が、あなたのサービスよりも明らかによいものを出してきました。客観的に分析したと […]

リアクションの大切さ

僕って、「リアクション」にかけてはかなり、自信があります。 僕は子どもの頃、全然学校の宿題をやらなかったんです。 でも先生からは依怙贔屓(えこひいき)されていたんです。 それって、こんなふうにリアクションしていたからだと思っています。 ●先 […]

運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフル

運が良い人というのは、不思議なくらいみんなパワフルです。 そして実際に、元気です。 彼らは、元気そうに見えるだけでなく、実際に健康です。 少しくらい睡眠時間が足りなくても、笑顔で乗り切るスタミナを持っています。 「お元気ですか?」と聞くと「 […]

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。

ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。 自分の成功体験を分析すると、 「ひょっとしてこれが原因じゃないのかな」 と思うヒントがいくつか浮かんできます。 分析してみると、いくつか理由を挙げることができます。 仕事の場合だったら得意 […]

お金に嫌われない大成功の仕組み

たいていの仕事ってね、暇より忙しいほうがいいんです。 それでも暇なときは、忙しい波動を出すといいんです。 ただ、忙しそうにすればいいんだよね。 例えば、私が洋服やさんをやっているとするよね。 それで、お店にお客さんが入ってくる。 そのとき、 […]

1にバイタリティ、2に楽天性、3に絶えざる自己修練

明治4(1881)年11月12日、明治新政府の事実上の首班である右大臣岩倉具視(ともみ)(47歳)を団長に、総勢107名(使節46名、随員18名、留学生43名)の使節団が欧米諸国を目指して横浜から出発した。 約300年続いた江戸幕藩体制を実 […]

個のブランディングの時代

「これからは個のブランディングの時代であり、独自のセンスのある人が求められる」というお話をしました。 「個性」とか「独自のセンス」が大事となると、外見や言動でそれをアピールしようとする人が多いのですが、残念ながら間違いです。 外見や言動での […]

サラリーマンの多くは「奴隷の幸福」に浸っている

多くの人は奴隷のように会社に縛られて一日の大半の時間を使っている。 「奴隷の幸福」という言葉がある。 強制的に、有無を言わさず働かされる奴隷は、不幸なようにみえるけれど、自分の頭で何をするべきか考える必要がないので、人はそこに安心を見つけ、 […]

精神的に不安定なリーダー

精神的に不安定なリーダーは、本人はもとより、部下にとっても組織にとっても危険な存在である。 リーダーという立場が、人格的な弱点を増長するからだ。 人生において抱えているマイナス要因が何であれ、それは人びとを導こうとするときに耐え難いほど大き […]

弱さをさらけだす勇気

自分の「弱さ」と向き合えば、僕たちはもっと成長していけると思います。 自分の弱さと向き合うときに、注意してほしいことがひとつあります。 それは、他人と自分を比べないことです。 「あの人みたいに強くなりたいな」と思える身近な人を目標にして頑張 […]

お客様の立場に立って考えるとは

お客様へのサービスを議論するとき、よく出る意見が「お客様の立場に立って考える」です。 もっともらしい意見ですが、この考えでご満足いただけるサービスを提供できた試しがありません。 「お客様の立場に立って考える」、このこと自体は正しい姿勢です。 […]

終身雇用の時代は終わった

変化を歓迎することは、ますます重要性を増しています。 近年、世の中は猛スピードで変化しているからです。 現時点で最新技術を誇る製品でも、わずか一、二年で旧式になります。 数年ごとに会社を辞めて別の会社に移る人も増えています。 しかし、三十年 […]

1 2 3 67