萩本欽一「人生のサービス」

この前テレビを見ていたら、仕事が終わるシーンで「あ~、やっと終わった」っていう台詞(せりふ)が出てきました。 この言葉、けっこう日常で使うよね。 世の中の人はだいたいみんな、自分のやることを時間で区切って、一つずつ片づけていきますね。 でも […]

ひすいこたろう「明日死ぬかもよ」

どうも。僕はあなただ。理想の人生を生きた人生最後の日のあなただよ。 人生は短い。あっという間だった。 生まれてから、今日までのことを考えてごらん。 長いようであっという間だっただろ? 同じように、今日から、人生最後の日までもあっという間なん […]

習慣の怖さ「タッチストーンと男の話」

タッチストーンとは、単なる金属を純金に変えることができる小石です。 それは、黒海の岸辺で、何万という同じような小石の中に埋もれていると書いてありました。 そして、その秘密とはこうです。 普通の小石は冷たいのですが、その石だけは温かいというの […]

モハメド・アリの言葉

不可能とは、 自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、 臆病者の言葉だ。 不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。 不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。 不可能とは、誰かに決めつけられることではない。 不可能とは通過点だ。 […]

青年と釣り人の話

腹を空かせた貧しい青年が、 橋の上に座ってぼんやりと漁師たちの仕事を眺めていました。 漁師の釣りカゴの中をのぞき 近くに魚の群れが泳いでいるのを見て 青年は言いました。 「まったく、あれだけの魚が手には入ったら ぼくだって元気になれるのにな […]

竹が30メートル伸びるのに要した期間は??

竹の種子が地上から目を出すには 長い年月が必要になる。 最初の4年間、目に見える成長はない。 しかし5年目でようやく地上から芽を出すと、 わずか6週間で30メートルくらいにまで伸びる。 専門家によると、竹は最初の4年間で地下茎を張り巡らせ、 […]

ジョンソン大統領が清掃員から感じた仕事術

アメリカのジョンソン大統領が米航空宇宙局NASAを訪問した時のことです。 大統領がロビーを歩いていると、汚れた床を磨いている作業員を見たのです。 作業員は楽しくてしかたがないようすで、歌を歌いながら一生懸命に床を磨いていました。 大統領は彼 […]

高橋尚子「小出監督の運命を変えた一言」

あるとき、小出監督のもとに「監督はみんなを平等に指導してくれない」と訴えに行った選手がいたとか。 監督はこう言ったそうです。 「えこひいき?そんなの当たり前だよ。 みんなもう学生じゃないんだからね」 実業団の陸上の世界は、寮に入ったり生活時 […]

才能の正しい使い方が分かる 老人の話

定年後の余暇を楽しんでいる老人が 最近描いたばかりの自分の絵を 有名な画家ロセッティに見せた。 ロセッティは丁重に、 これは人並みのできだと答えた。 そこで老人は、他にも数点の絵を見せた。 明らかに若者の手によるとわかるその作品に ロセッテ […]

深イイ話「世界は変わらないことに気づいた」

ウェストミンスター寺院の地下室には、 次のような碑文が刻まれた英国教会主教の墓がある。 何の束縛もない若かりし頃、想像は果てしなく広がり、 私は世界を変えることを夢見ていた。 ところが、年を重ねて賢くなり、 世界は変わらないことに気づいた。 […]

1 90 91 92 93 94 109