千葉周作「遭難して分かった人生の目的」

忙しい日々を送っていると、私たちはともすれば目先のことばかりに関心を寄せ、本来の目的を見失いがちになります。 自分自身が何を目指しているのか、常に心にとどめておく必要があるのではないでしょうか。 江戸時代の剣豪、千葉周作が舟で夜釣りに出かけ […]

ひすいこたろう「回転寿司はなぜ作られたのか?」

「最高の作品をつくる時間配分。 1%  ひらめき 9%  努力 90% 正当化」 “ジョージ・ロイス”(伝説の広告マン) 不可能を可能にする、ニューヨーク生まれの伝説の広告マン、ジョージ・ロイス。 再選をかけた選挙を控えるニューヨーク市長エ […]

ケヴィン・コスナー「3週間続ければ一生が変わる」

映画スターのケヴィン・コスナーは 山あり谷ありの映画スター人生について聞かれたとき 「わたしは人生を生きている」 と答えました。 深遠な答えだと思います。 人生の出来事や経験を 善し悪しで判断して日々を送るのではなく 中立の姿勢をとり ある […]

野口健「不可能を可能にする方法」

僕はどんなことでも 「これはダメだ」 と諦めるのではなく 「ではどうするか?」 と考えることに 大きな意味があると思っています。 7大陸の挑戦でも 学生の立場でスポンサーを 集めるのは本当に大変でした。 100社以上に アプローチしましたし […]

小林弘幸『超一流の人の「健康」の極意』

たとえば、こんな「実験」をやってみてください。 どんな小さなことでもいいから、あなたが失敗したことを頭に思い浮かべます。 次に、その失敗に対して、一切、言い訳をせず、ただひと言、 「それは自分のプロセスが悪かったのだ」と、 自分自身にきっぱ […]

千田琢哉「正しいノルマとの付き合い方」

ノルマを与えられると、どうしてあんなに苦しいのだろう。 他人から強制されることを人はとても嫌うからだ。 ノルマに限らず、他人から自分の目標を強制されるのは、牢獄に閉じ込められるようなものだからだ。 とはいえ、ノルマが与えられるのは仕方がない […]

木田元「闇屋になりそこねた哲学者」

勇気の修養の方法として、新渡戸稲造博士が勧めるのは、ある恐怖心を起こさせるようなことがあったときに、「これはギリギリ限界まで行ったらどうなるか」と考えてみるということである。 そうすると、たいていのことは怖くなくなるのだと博士はいうのである […]

1 88 89 90 91 92 109