誰でも成功と失敗を繰り返している。

弱気になっているときは、 誰でも自分の人生は失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

モーツァルトに始まってモーツァルトに終わる

オーストリアのザルツブルクというところで生まれたモーツァルトは、35歳という若さで亡くなりましたが、ベートーヴェンなどの、他のどんな作曲家よりも、熱烈なモーツァルト・ファンが、圧倒的に多いのはよく知られたことであります。 私も、モーツァルト […]

「自分を変えたい」人の心理学

プロの自覚というのは、持つか持たないか、 ただそれだけのことです。 サラリーマンでもOLでも、 自分をプロだと思えば1つ1つの仕事に責任感と緻密さが生まれますが、 「たかがコピーを取るだけの仕事だ」とか 「こんなの誰がやっても結果は同じだ」 […]

誰もやらない。だからやる

私たちのような小兵力士が横綱と闘おうとしたら、 頭を使い、創意工夫をこらし、 まったく独自の戦法を編み出すほかないのだ。 だから私は、常識的に考えたら、 「可能性がない」という分野や技術に力を注ぐ。 「そんなものは無理だ。売れっこない」と、 […]

人生最悪のときに読むべき

だれでも、「人生最悪!」と叫びたくなる体験を一度や二度しているものです。 泥沼の離婚、タチの悪いリストラ、車で人をはねたとか。 「もう、サイアクだ~!」とそのときは思うでしょう。 でも、「ツイてる人」や「ツキはじめている人」というのは、時が […]

夢は、紙に書くと現実になる

夢を書くと、 しばしば思いがけないところから支援の手が差し伸べられるようになるのはたしかです。 しかし、とりわけ夢に関して行き詰まっているときには、 「書いて夢をかなえる」という言葉に隠されているルールを見失ってはいけません。 夢を書くのは […]

出来ないことではなく

大切なのは前向きな支援なのです。 私がほんのわずか前進しただけでも、 ジェニンは拍手を送ってくれます。 私がゆきづまっているようだと見てとると、 ジェニンはすぐにこう言ってくれます。 「できたことに目をむけなくちゃ!いいこと、 AとBとCの […]

因果は同類にしたがう

世の中には健康を願い、成功を願い、富を欲しながら、もうガリガリするほどそういうものを欲しながら得られない、ということは運が悪いわけでもなく、神様がそうさせてるわけでもない。 実は、自分自身がアラヤ識の入口で失敗している、ということを知らなく […]

何もしないことのオススメ

何をしたらいいかはっきりしない時には、 何もしないことをお勧めする。 次にすることがわからないのなら、有意義な行動の前に、 見出すべきもの、あるいは学ぶべきことがあるのかもしれないからだ。 そうした状況では、一歩下がって(本の一瞬でも)内面 […]

ツキの絶対法則

いろいろな心配を抱えすぎると、ツキが逃げてしまいます。 しかし、心配症な人に向かって、「心配しすぎないほうがいいよ」とアドバイスしても、実は、それほど効果があるわけではありません。 それと同じく、後悔しがちな人に向かって、「さっさと忘れるん […]

人生の勝利はここにある

起こりうる最悪の事態に見えることが、 実は最良のことであり得る。 ギャラップの調査によると、 インタビューを受けた87%の人々が 人生で一番大変だった出来事が、 結局自分にとって一番役立つ体験になり、 今となってはそれに感謝している。 「A […]

1 2 3 4 5 107