女の人の沈黙は特に美しい

美しさは女の生命だともいえる。 修道院に入った身に着飾ることも、化粧することも縁遠くなったが、美しい言葉を使うことはできる。 それは、あそばせ、ございますを頻発することではなくて、できるだけ美しいひびきを持った言葉を使うと同時に、適切な言葉 […]

成長するために必要なこと

成長するために必要なのは、 1、ふだんは入れない場所に入って、 2、ふだん会えない人に会って、 3、恥をかくこと、です。 グズグズする人は、「積極的に行動します」と言います。 「行動する」という人は、恥をかけません。恥をかかないように行動す […]

残酷すぎる成功法則

ウィンストン・チャーチルはイギリスの首相になるはずがない男だった。 “すべて完璧にこなす”政治家とほど遠い彼が首相に選ばれたことは、衝撃的な出来事だった。 たしかに切れ者ではあるが、その一方で偏執的で、何をしでかすかわからない危険人物という […]

デイ・サイエンス・ナイト・サイエンス

私はよく、科学には「デイ・サイエンス」と「ナイト・サイエンス」があると言います。 「科学」の一般的なイメージ、つまり、仮説にもとづいて綿密に実験を繰り返し、実証を積み重ねていくというのは、「ディ・サイエンス」です。 このように理性的、客観的 […]

成功に必要なことは、なんですか?

「成功に必要なことは、なんですか?」と聞かれることがよくあった。 私は、「決めることだ」と答えてきた。 なぜなら「決断することなしには、何も動かない」からだ。 進学、就職、転職、結婚、独立などに関して、「決断をせず」に先延ばしにしていると、 […]

江副浩正「リクルートのDNA」

起業家は、起業するとき「こんな事業をしたい」「こんな会社にしたい」という夢や理想を必ず抱く。 親しい仲間と立ち上げる場合も同じで、全員が同じ方向を向いている。 しかし、1年経ち、2年経ちすると、考え方が違ってくるケースもある。 急成長したベ […]

斎灯サトル「色覚障害の画家」

神社仏閣の天井画の個人製作は日本一。 そんな画家の斎灯サトルさんは、画家になる前は造園の仕事をしていました。 でも、趣味で描いていた絵に注文が入り始め、造園の仕事を続けるか、絵の道で勝負するか、迷っていました。 というのも、絵の道に踏み込め […]

我われ人間はいかに生きてきたか

安岡正篤先生が三十五歳の頃のことです。 岡山県閑谷(しずたに)学校において、「古本大学講義」と題して講演されています。 その中で先生は、東洋には「四部の学」というものがあると説明され、概略、次のような話をされています。 「四部の学」とは「経 […]

新たに世界で起こっていることを知る

「今、新たに世界で起こっていることを知る」…今日からこれを自分の使命としよう。 時事問題、音楽、ファッション、科学、映画、食べ物、交通手段などなど、とにかくあらゆることに興味を持つようにしよう。 最新の電子機器のすべてを手に入れる必要はない […]

人生の愉しみと成功

直線が“最短距離”とはかぎらない。 この地球上においては、何事もスムーズな直線では進まないということです。 時に歩みを止め、 時に逆行しながら進んでいくのです。 潮が満ちてくる時、それは引いては返しながら、 少しずつ進んでいきます。 木の成 […]

本田健「メンターに言われた人生を変える2つのこと」

私たちの人生は、つきあう人によって、大きく変わります。 私のメンターが、人生を変えるのに、てっとり早い方法は、洋服を変えること、つきあう人を変えることの二つだと言っていました。 おまじないかなぐらいに考えていましたが、後に、とっても現実的な […]

1 2 3 4 100