私たちはついこう言ってしまう

私たちはついこう言ってしまう。 「もっと体力があれば、毎朝ジョギングするんだがなぁ」 それじゃだめ!まず、走り出さないと。 「やる気が出れば宿題をすませるんだけど」 それもまちがい。 「元気があれば、事業を始めたい」 それじゃできるわけない […]

運動による「幸せホルモン」

筋トレをすれば気分や活力、やる気がぶち上がっていく。というか、上がらないわけがない。 すでに軽く触れているが、筋トレ(適度な運動)はさまざまなホルモンの分泌を促進する。 テストステロンやアドレナリンなどのやる気や活力アップ系のものから、「脳 […]

精神を鍛えるのは、身体を鍛えると同じ

1日だけポジティブになったところで、 何も変わらない。 精神を鍛えるのは、身体を鍛えると同じ。 腕立て伏せを20回やったあと、 大急ぎで自分の身体を鏡に映しても、 ほとんど違いはわからない。 ポジティブシンキングの場合も、 24時間くらいで […]

今日種をまいたら、明日どんな見返りがあるの?

「今日種をまいたら、明日どんな見返りがあるの?」 と質問する人がかならずいる。 だが、明日得られる見返りは、 「水を吸ってふくらんだ種」でしかない。 今日まいた種が収穫となるのは、ずっと後なのだ。 いま種を植えれば、実りが刈り取れるのは4ヶ […]

萩本欽一さんの息子さんの話

萩本欽一さんの息子さんは、大学受験のための予備校に通い、いざ受験というときになって、「さあ、就職だ!」と叫んだそう(笑)。 欽ちゃんが子どもたちに言っていた「人と違うこと、また、やったことが無駄になるようなことをやれ」という言葉を実践したん […]

最初から大きなゲームはできない

最初から大きなゲームはできない。 ささやかなゲームに勝てば、 次はもう少し大きなゲームに参加できる。 それにも成功したら、ゲームはさらに大きくなる。 小学校に入ったら、まず一年生から始める。 それが終わったら2年に進級し、さらに3年生になる […]

「思考のクセ」に気づく

もしもあなたが今、日々笑顔で生きられない現実があるのだとしたら、日々繰り返している「思考のクセ」に気づくことが大切です。 たとえば、仕事が楽しいと思えないとき、仕事に対してとらわれている思いがそこにあるはずです。 「仕事は、必死でやらなくて […]

本物かどうか、見抜く自信

格好がそれらしい人(偉そうで、立派そうな人)は、逆に危ないということを覚えていてください。 自分の中に真なるものがあり、ゆるぎない自信がある場合は、このような格好をする必要はありません。 見た目が普通の人のほうが、本物である可能性があります […]

恵まれてこなかった日本人

資源に恵まれなかった日本人は、長い歴史を懸けて心の文化を培ってきました。 世界に誇れる精神であり、外国の人々から賞賛されてきました。 それは難しい理論ではなく、人に迷惑をかけないこと、自分のことで人に負担をかけないこと、声高に自己主張して、 […]

斎藤一人「楽しい人って…」

一人さんは教えてくれます。 「なぜ楽しいかって言うとね、オレはね、いつも楽しいこと考えてるからなの。 楽しい人って楽しいこと考えてるんだよ。 私、つまんないんですって人は、いつもつまんないこと考えてんの。 いつも怒ってるようなヤツって、いつ […]

脳が悦ぶと人は必ず成功する

「人を喜ばせること」で享受できるものはたくさんあります。 それは当然のこと。 なぜなら「おもてなし」というのは、簡単なように見えて、実は結構、知恵を要求されるものだからです。 もちろん「ひらめき」が人を喜ばすカギになるのですが、その結果なに […]

逆境の心理学

お金がなくてもなんとかなるさ。 人前で恥をかいたってなんとかなるさ。 上司にしかられたってなんとかなるさ。 事業にしっぱいしたってなんとかなるさ。 人に裏切られたってなんとかなるさ。 失恋したってなんとかなるさ。 仕事を首になったってなんと […]

1 2 3 4 96