世の中の変化を認識する

今、もっとも大事なこと。 それは、世の中の変化を認識することです。 世の中に流通する情報量が爆発的に多くなりました。 そんな環境ですから、あなたの会社の販促物を見てもらえるというのは奇跡的なこと。 あなたの会社の販促物もその膨大な情報のひと […]

あなたを引き上げる抵抗力

自分はダメだといわないこと。 自分を責めはじめたり、 他人と比べて自分はダメだと思いはじめたら、 それは気持ちを切り替えなさい、というサインです。 仕事や人間関係で感じるストレスも、周囲の抵抗も、 飛行機が飛び上がっていくときと同じで、 あ […]

人生は好調と不調のリズム

人生を長いスパンでとらえると、好調のリズムにあるときと不調のリズムにあるときがあります。 私は書斎の人間ですから、好調、不調といってもリズムの振幅はそれほどではありませんが、政治や経済の世界に生きる人は、相当の揺れの幅があるでしょう。 好調 […]

自分への甘さを修行する

かつて、修業とか修養とかは精神的に豊かであるために、つまり人間が人間らしく暮らしていくために必然のものでした。 そうでなければ、ともすれば不足、不便がつきまとう暮らしに押しつぶされて、人間らしく生きられなかったからです。 だが、何もかもが満 […]

斎藤一人「自分さがしの旅」

あのな。 “いいこと”ってね、いっぱい、やんなきゃダメなんだよ。 体にいいもの、といったってな、朝鮮ニンジンだろうが、何だろうが、体が治るまでには相当量、要るんだよ。 “いいもの”というのは、食品だろうが、そういうものなの。 ところが、悪い […]

君のやる気スイッチをONにする遺伝子の話

今、世界で最もいいといわれている国はどこかというと、日本はナンバー1かナンバー2なんですよ。 それはなぜか。 日本は第二次世界大戦という大戦争に敗れて焼け野原になりました。 原爆を二度も落とされて、日本はもう立ち上がれないと誰もが思っていた […]

超一流の脳の使い方

30代までの脳にとって、「失敗」は、脳のメカニズムの一環で、必要不可欠な頻出(ひんしゅつ)イベントである。 若者は、いちいち落ち込んでいたら、脳が疲弊してしまう。 それではまるで、おしっこする度に落ち込んでいるようなもの。 好奇心が萎えてし […]

アランの幸福論

■明るいことばを、心からの感謝のことばを、ひとことかけよう。 冷めた料理が運ばれてきても大目に見よう。 この上機嫌の波に乗ればどんな小さな浜辺にでもたどりつける。 オーダーをとってくれるウェーターの声の調子が違ってくる。 テーブルの間を通っ […]

アメーバに学ぶ自分を磨く方法

カリフォルニアの研究者たちが、アメーバの一群を二つの異なるタンクに半分ずつ入れた。 第一のタンクでは、水の温度、水位、その他諸々、注意深くモニターし、成長に必要な完璧な条件になるように調えた。 一方、第二のタンクに入れられたアメーバは常に変 […]

人生は、避けがたい条件に包まれている

《人生は、避けがたい条件に包まれている》(エマソン) 避けがたい条件とは、「原因があるから、結果がある」「得るものがあれば、失うものがある」など、人生には分離できないものがあるということです。 エマソンはこのことについて、以下のように苦言を […]

「VAN」創業者の嫌いな言葉

僕は平気で年齢のことを話すので、会う人のほとんどが、 「えっ、本当ですか?」 と驚いた顔を見せ、その次に必ず、 「お若いですね」 とくる。 僕は、この言葉が嫌いである。 言うほうは、お世辞かお愛想か、あるいは本当に呆れ返っているのかは知らな […]

1 2 3 101