命とはエネルギー体

命とは、目には見えないけれど確かに存在する、エネルギー体のようなものです。 では、そのエネルギーはどこに存在するのかということですよね。 僕は長年、命の尊さを伝えることを使命として、「命の授業」というタイトルで全国の10歳の子ども達と交流し […]

理想を追い求める人

対立するのは、どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って生きているからです。 いわば、どちらも「理想を追い求める人」なのです。 意見の違いだけに目を向けていては、対立は解消できませんが、 意見の違 […]

子どもたちの「胎内記憶」

私は産科医として、母子の心身に健やかなお産を模索するうち、子どもたちに「胎内記憶」(子宮にいたときの記憶)があることに気づきました。 私の調査によると、小さな子の約2割に、胎内記憶があります。 さらにその前の記憶、つまりお母さんに宿る前のこ […]

人生をやり直せるなら

死期が近いと悟った八十五歳のある男性が、心配について次のように語っています。 「人生をやり直せるなら、もっと現実的な問題を抱えて、想像上の問題を減らすよ」 平均的なスウェーデン人は週に二十時間心配している、という調査結果があります。 という […]

イエス・キリスト「永遠のものを求めるように説いた」

「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」(マタイによる福音書:6章33節)と説くイエスの言葉はまったく正しい。 この言葉は、日ごろ民に施し、奉仕するよう訴えているときに、イエスが頭のな […]

小林正観「念」についての話

「念」についての話をしました。 「念」という漢字を分解すると、「今」と「心」に分かれます。 私たちは、過ぎてしまって取り戻すことができない現象にクヨクヨし、まだ来てもいない未来に対して取り越し苦労をします。 けれど、もっとも大事なのは「今」 […]

成功する人は偶然を味方にする

ときには、不運に思えるものでさえ、成功のきっかけになることがある。 グラッドウェルは、20世紀初めニューヨークに移住して、被服産業で成功したユダヤ人について触れている。 彼らの子どもたちは、ロースクールを卒業しても、ニューヨークの一流法律事 […]

斎藤一人「人は何度でも生まれ変われる」

人は何度でも生まれ変われる…。 私はそう、思っています。 だから、今世でできないことがあったら、来世でやればいいんです。 でもやっぱり、今世は一度限りです。 そんな一度限りの人生を生きる思いを表したのがこの詩です。 『絶対なる肯定 絶対なる […]

神様にお願いをする時は過去形が良い?

Q 神社などで神様にお願いをする時は過去形が良い、と言われました。 たとえば、「健康になったことを感謝します」「宝くじが当たったことを感謝します」など、願いがすでに叶った後であるかのように願うほうが良い、と。 ウソをついているような気がしま […]

今は過去数年の積み重ね

あなたは、過去数年間の思考や行動によって、今いる場所に運ばれてきました。 今後10年なり20年の間にあなたが体験することは、 あなたの今日の行動によって決まります。 友人、家族、仕事、銀行の残高、住む場所、これらは皆、 あなたがとる行動によ […]

輪廻転生を信じると人生が変わる

あなたに起こることは、今のあなたに、すべて必要なことが起こるのです。 いいことも悪いことも――。 だまされてばかりいるのでしたら、だまされる必要があるのです。 二度とだまされないよう、そこから何かを学ぼうとして、たましいが事を引き寄せている […]

言葉は現実化する

一人のクライアントさんから一本の相談の電話がありました。 その彼は私の「言葉は現実化する」理論の大ファンだと言ってくださる男性で、私が知る限り人一倍、一生懸命人を励ましている人でした。 久しぶりの電話にもかかわらず彼が落ち込んでいたので、理 […]

1 2 3 4 5 27