自分のいやな部分を受け入れ、自分自身を愛する

自分のいやな部分を受け入れ、自分自身を愛する。 自分のいやな面を受け入れられれば、落ち込まずにすみます。 なぜなら、落ち込むのは、いやな部分を 「いやだ、いやだ」 と思うからです。 しかし「これも自分なんだ」と思えば、 落ち込むこともすくな […]

水野敬也 「四つ話のクローバー」

「もうこれだけは絶対に覚えて来世に向かって頂きたいのです。 この『共感』さえ身につけることができれば、何度人生を繰り返しても不幸になりようがありませんから」 「もしあなたが生前、お客さんの気持ちに共感できていたらどうだったでしょう? お客さ […]

小林正観 「どうしてそんなに幸せそうなんですか?」

「悟り」とは、「受け入れる」こと。 自分の思いどおりにしよう、と思わないこと。 人生の中に悩み、苦しみはまったくなくなります。 自分がどう生きるかだけに徹する。 それが、楽しそうで幸せなものであれば、必ず周りの人が影響を受けて、 「どうして […]

トイレ掃除をしていても、お金が入ってこない人の共通点

トイレ掃除をずっとやっている人には、通常は臨時収入が入ってくるようです。 会社を経営している人には突然、会社に注文がたくさん来て、仕事がどんどん流れ始めます。 しかし、トイレ掃除をしているからといって、100%の人にお金が入ってくるわけでは […]

「願う力」で人生は変えられる

もし、あなたのつくりあげた人生(或いはその1部でも) があなたにとってうまくいっていないのなら、 そのことに正直になる必要があります。 「これではない」という感覚は、とても力強い祈りの形です。 分離してしまった自己がまた完全に統合されたいと […]

良いイメージを持つことの大切さ

「事態はよい方へ向いている」とたえず想像すること。 事態は変化している。 もし、よい方に向かっていると想像するなら その心構えだけでも、 事態を好転させるのに役立つだろう。 引用:人をいかに愛し、生きるか ロバート・シュラー著 三笠書房

簡単には出来ないがためになること

次のことが簡単にはできないときがある。 謝ること、 もう一度やり直すこと、 間違いを認めること、 助言を聞き入れること、 自己中心的にならないこと、 挑戦し続けること、 正直であること、 失敗から教訓を学ぶこと、 許して忘れること、 考えて […]

何かの「せい」か「おかげ」か

あなたがいまのあなたであるのは、 崩壊した家庭のせいでも、 破綻した経済のせいでも、 戦争の激動のさなかにある世界のせいでも、 差別のせいでも、 大酒のみの家族のせいでも、 貧困にさいなまれた環境のせいでもない。 あなたは、 あなた自身がた […]

運がいいとき、「なに」が起こっているのか?

エネルギーを効果的に使うには、声と目で大きく膨らませて、腹で受け止める。 まさに「声-目-腹」の三位一体論だ。 これは弘法大師空海が「身口意(しんくい)」の「三密」と唱えたものに通じている。 「身口意」は「身=印を結ぶ」「口=真言を唱える」 […]

小林正観 「努力ゼロの幸福論」

私は、40年近く「宇宙の法則」を研究し続けてきました。 その過程で見えてきたものがいくつかあります。 そのうちのひとつが「おかえしの法則」です。 ①「(か)感謝」…「ありがとう」と感謝されること ②「(え)笑顔」…「にっこり」と微笑みかけら […]

急に売れはじめるにはワケがある

ある心理学者のグループによる有名な調査研究によると、 マンハッタン北部に建設された公営集合住宅「ダイクマン」の居住者に親しい友人の名前を挙げてもらったところ、 その友人の88%は同じビルに住み、さらにその半数が同じ階に住んでいるという結果が […]

1 26 27 28 29 30 34