金城幸政「神様とのつきあい方」

それにしても、なぜ大人たちはここまでユーモアがないのでしょうか。 それは、「笑う心構え」を持って生きていないからだと僕は思います。 僕は、なにかに取り組む前にどんな心構えを持つかが、すごく大切なことだと思っていて、それを「前提力」と呼んでい […]

小林正観「トイレの神様」

トイレにつく神様は家につく7人の神様のうちの1人です。 家を新築するとその家には7人の神様がつくそうです。 そして各神様は自分の居場所を決めるのです。 場所の決め方は早いもの勝ち!資本主義の世の中ですから当たり前ですね。 7人の神様がいっせ […]

井上裕之「人間の法則・宇宙の法則」

潜在意識には善と悪の区別はなく、とにかく感情をそのまま受け止めるというのが特徴。 ですから大切なのは、潜在意識にポジティブな発想で働きかけること。 とにかくネガティブな発想を手放すことから始めましょう。 ネガティブな発想があなたの運命を確実 […]

斎藤一人「周りを幸せにする簡単な方法」

よく、自分の身内の相談に来る人がいるんだけど、私はそういう人にいつも言うの。 「自分がしあわせになりな」って。 それをわきで聞いている人が「その身内を見捨てて自分だけしあわせになれ」ということですかって聞くんだけど、そうではないんです。 た […]

幸せに長生きする秘訣

人間の命には限りがあります。 どんなに長く生きても百年と少し。 幸せに楽しく 長生きはしたいけれど 不幸な長生きはしたくありませんよね。 それなら 長生きしたいと願うよりも 「幸せに生きたい」 と願い 今、生かされていることに感謝したり 今 […]

斎藤一人「あなたが変わる315の言葉」

誰にでも「やりたいこと」はあります。 たとえば『「ヨーロッパ旅行に行きたい」。 そんなときは、ヨーロッパの旅行のカタログだけでも見てください。 不思議と良いことが起きます。 「新しい仕事をしたい」なら、仕事の計画だけでもねってみる。 思わぬ […]

何かを得ようとしたら、何かを手放さなくてはいけない

「何かを得ようとしたら、何かを手放さなくてはいけない」 ということは多くあるものです。 一つを選べば、他は捨てるということになります。 さあ、その時にどう考えればいいでしょうか? せっかく手をしたものを、 一時的にせよ手放すのだと考えると、 […]

斎藤一人「この世の中には、三種類の人しかいない」

この世の中には、三種類の人しかいないんだよ。 ひとつは向上心を持って、喜んで仕事をする人。 お客さんにもっと喜んでもらいたいとか、もっとみんなを幸せにしたいとか、そういう気持ちで常に工夫したり、行動したりする人を、向上心があるっていうんだよ […]

渡辺和子「心を病んだ学生たち」

心を病んだ学生たちが私のもとを訪れます。 自分を責め、自分が悪いんだと思い込んでいる。 私は言います。 「ちっとも恥ずかしいことじゃないのよ。 人間というのは弱いものだから、 自分ばかりを責めてはだめ。 私だって心を病んで入院していたことが […]

ミラー細胞「2007年 甲子園で優勝した佐賀北高校」

相手が「ありがとう」と言ってくれたら、自分も「こちらこそ、ありがとう」という気持ちがわいてくる。 そうさせるのが「ミラー細胞」というわけです。 このニュースを聞いて、私は2007年、夏の全国高校野球大会で優勝した佐賀北高校のことを思い出した […]

1 26 27 28 29 30 32