生きるってこと

生きるって大変なこと。 これまで、たくさんの生と死に関わって生きてきました。 73歳のおじいちゃんの話をしましょう。 徐々に痩せてきました。 背中が張ると言って、外来にやってきました。 血液の検査や超音波検査、CTの検査をしました。 後腹膜 […]

人生って怖くなくなるもの

信長「人生で怖いと思ったことはありますか?」 一人「ないんだよね。どうしてかと言うとね、俺たちは神様から失敗する権利っていうのを与えられているんだよ。 だから、失敗したっていいし、失敗することは大切なことなんだ。 親とか世間は、失敗させたく […]

すみませんが笑っていただけませんか

もちろんこれは頭の中だけで考えることですが、例えば電車の中で向かい側に不機嫌な顔で座っている人がいたら、その人に「すみませんが笑っていただけませんか」とお願いしてみるとします。 するとその人は、「自分は自分だ。なんで笑わなければならないのか […]

武道の大本をなんと心得る?

《武士たる者は、武道を心懸(か)くべきこと、珍しからずといへども、皆人油断と見えたり。》 (武士たる者が武士道を心がけねばならないということは、格別とりたてて言うほどのことでもないが、すべての人に油断があるように思う) 「武道の大本をなんと […]

微笑みの首飾り

本当にすばらしい年長者として敬われたいのなら、場所が変わるとともに自分の気持ちを切り換えて、普通の人なみの扱いで当然だと思い、また普通以上に扱われた場合は、それをありがたいことだと感じなければいけないはずなんですね。 そういうふうに思ってい […]

人はなぜ、生まれてくるのでしょうか?

人はなぜ、生まれてくるのでしょうか? これを子どもたちに聞くと、「人の役に立つため」、とりわけ「家族を幸せにするため」という答えが多いです。 臨死体験をされた方々の複数の証言によると、死後、閻魔様(えんまさま)の前で聞かれるのは、次の2つの […]

すごく嫌なことがあった

「この前、すごく嫌なことがあった」と言っている人の顔は、本人は気づいていなくても、「頼まれにくい顔」になっています。 「この前、すごく楽しい出来事があったんだよね」と言っている人の顔は、「頼まれやすい顔」をしています。 それを何十万回も繰り […]

命とはエネルギー体

命とは、目には見えないけれど確かに存在する、エネルギー体のようなものです。 では、そのエネルギーはどこに存在するのかということですよね。 僕は長年、命の尊さを伝えることを使命として、「命の授業」というタイトルで全国の10歳の子ども達と交流し […]

理想を追い求める人

対立するのは、どちらかが正しくて、 どちらかが間違っているからではなく、 双方が自分の価値観に従って生きているからです。 いわば、どちらも「理想を追い求める人」なのです。 意見の違いだけに目を向けていては、対立は解消できませんが、 意見の違 […]

子どもたちの「胎内記憶」

私は産科医として、母子の心身に健やかなお産を模索するうち、子どもたちに「胎内記憶」(子宮にいたときの記憶)があることに気づきました。 私の調査によると、小さな子の約2割に、胎内記憶があります。 さらにその前の記憶、つまりお母さんに宿る前のこ […]

人生をやり直せるなら

死期が近いと悟った八十五歳のある男性が、心配について次のように語っています。 「人生をやり直せるなら、もっと現実的な問題を抱えて、想像上の問題を減らすよ」 平均的なスウェーデン人は週に二十時間心配している、という調査結果があります。 という […]

1 2 3 26