頭がボーッとしている時には、意識は◯◯にあります。

これからは「何だかわからないけど、やってみると、行動に移すと、理由がわかる」という時代になります。 行動に移す(表現する)と、本当の理由が見えてきます。 こういうことがいっぱい起こってきますので、勇気を出して行動に移して下さい。 頭は本当に […]

神様に喜ばれる人お金のレッスン

お金がないときでも、人にはできることがいくらでもある。 まず、笑顔でいようよ。 お金はなくても心は出せるんだからね。 たとえば、知らない人に呼びかけるときに、おばさんかな? お姉さんかな? と思ったら、迷わず「お姉さん」と呼ぶの。 お店で食 […]

天国度100

天国度100というのは、自分がいかに恵まれていて、自分がどれほど幸せな日々を生きているか、ということ。 人生をどれだけ楽しんでいるか、ということ。 そこに気がついたら天国度が100になります。 不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句が無くなっ […]

自分の心の渇き、愛への渇望

自分の心の渇き、愛への渇望は、 いかに望んだとしても他の誰かによって満たして もらえるものではありません。 他に向けて満たしてくれ、愛してくれと願い続ける限り、 心はいつまでも渇きにもだえ苦しみ続け、 求め合う者同士の間に、情熱と裏腹なアツ […]

斎藤一人「道端のウンコ」

一人さんがしてくれるお話に、「道端のウンコ」の話があります。 「なぜか道端で見つけたウンコばかりに気を取られる人がいるの。 ウンコの色がどうの、ウンコの形がどうのって、ああだこうだ言うけど、ウンコはどうでもいいの。 道端には、きれいなお花も […]

人生に運とツキというものは確かにある。

人生に運とツキというものは確かにある。 しかし、運もツキも棚ぼた式に落ちてくるものではない。 『安岡正篤一日一言』に「傳家寶(でんかほう)」と題する一文がある。 ここに説かれている訓(おし)えは全篇これ、運とツキを招き寄せる心得といえるが、 […]

すべてのものに愛を送る

とりあえず数日、いや一週間くらいを、 意識的に無条件の愛を実践することに費やしてみてほしい。 しかも、人知れずにやってほしい。 自分の中で無条件の愛のことだけを考え、 それを、外へも放出させるようにするのである。 その期間中は、絶対に無条件 […]

植物が人間の意図を感知するということを発見

1960年代、元CIAエージェントのクリーヴ・バグスターは、植物が人間の意図を感知するということを発見して、一躍有名人になった。 1966年、CIAを退職したバグスターは、今日でも世界最大と認められている嘘発見業務を請けおう会社を設立した。 […]

インドでは恩を「クリタジュナ」と言う

あなたが産まれたとき、ご両親もはじめて親になります。 あなたが3歳なら、親御さんも親としてはまだ3歳。 あなたが成人してはじめて、親御さんもあなたの親として成人する、ということです。 自分を産み育ててくれた親も、縁起からするとあなたと同じ年 […]

生きとし生ける者どもは死ぬであろう。

《釈尊はいわれる 生きとし生ける者どもは死ぬであろう。 生命は終(つい)には死に至る。 人は、作った業に従って赴(おもむ)き、それぞれ善と悪の報いを受ける。 老いた人々も、若い人々も、その中間の人々も順次に去って行く。 熟した果実が、枝から […]

自我と無我

もしあなたがすべてを手放し全くリラックスするなら、それは悟りだ。 つまり本当のあなたにたどり着いたということだ。 ブッダはそれを無我と呼んだ。 そう、「何もない」ということだ。 すべては多くのものが寄り集まっているだけで、何の実体もないとい […]

日本のマザー・テレサと言われた方

新潟の岩船郡に木村霊山という、100歳になる尼さんがいらっしゃいまして、その尼さんに会いたくて、2,3回お訪ねをしたことがございました。 日本のマザー・テレサと言われた方で、100名以上の孤児をお育てになった方です。 新潟の山奥は、昔は貧し […]

1 2 3 22