ありきたりの毎日を黄金に変える言葉

腹を空かせた貧しい青年が、 橋の上に座ってぼんやりと漁師たちの仕事を眺めていました。 漁師の釣りカゴの中をのぞき 近くに魚の群れが泳いでいるのを見て 青年は言いました。 「まったく、あれだけの魚が手には入ったら ぼくだって元気になれるのにな […]

松田聖子「100%好かれる1%の習慣」

国内線のCAとして、多いときで1日に2000人以上のお客様と接してきた私は、「人の思いや気持ち(内面)は、日常の行動(外面)にあらわれる」ことを学びました。 12年間のフライト生活を振り返ったとき、たくさんの方の笑顔が、いまも心に残っていま […]

岩崎峰子「伝説の芸妓 祇園の教訓」

京都で【伝説の芸妓】と言われる岩崎峰子さんは 著書[祇園の教訓]のなかでこう言っております。 「人見知りの性格が幸いしたのかもしれないと思うことがあります。 もし、私に誰とでもすぐに親しくなれるという 〝才能〟があったら どうやってお客様を […]

心身障害者オリンピックで見た感動ストーリー

数年前にシアトルで行われた スペシャルオリンピックでのこと 九人の選手たちが、100ヤード走のスタートラインに立った 選手は全員が心身障害者だ 号砲とともに、全員がスタート 全力疾走とはいかないものの、ともかくゴールを目指し 勝つために走ろ […]

ビートたけし「殿とお弟子さんの感動ストーリー」

いつも殿に御馳走になっている僕達だが、 年に一度だけその感謝を込めて殿にお返しとしてご馳走をする。 その日だけは殿を後輩芸人に見立てて食事をする。 殿にひとしきり美味しい料理を食べさせながら、 芸のダメ出しごっこをし、 帰りにこれタクシー代 […]

母の教え「誕生日に言われた一言」

私の友人の女性のお母さんは、たいへん面倒見の良い人で、困った人がいると放っておけない性分でした。 その人柄を頼って、いつも家には親戚や友人などが泊まっていたそうです。 ある日のこと、彼女の家に母親の知人であるカナダ人一家が泊まりに来ていまし […]

吉田松陰「どのように人を育てるのか」

【使える部下がいないという勘違い】 リーダーは忘れてはいけません。 才能のある部下がいないのではなく、 部下の才能を引き出せる人物が、 まだこの場にいないだけだということを。 吉田松陰はやる気を引き出す天才で、 1,松下村塾という私塾にて教 […]

小早川護「接客は利休に学べ」

「一期一会」とは、 「一期に一度の会のように、亭主を畏敬すべし」 という言葉に起源があるようです。 その日のもてなしが 「一生にたった一度しかない」ものであるということをしっかり理解しておかなくてはいけません。 戦国の世における一期一会は、 […]

1 59 60 61 62 63