書店「読書のすすめ」店主 清水克衛氏『魅力を出す秘訣』

「あの女優さんって、キラキラしてて、すごいオーラがある。魅力的だよね」 なんてことよく言いますよね。 そういう、人をひきつける魅力っていうのは、どうしたら身につけることができるんでしょう? その方法は、ズバリ… 「人を喜ばせること」 たった […]

運の教科書「ある学生の運を上げた話」

大学の私のゼミにちょっと弱点のある学生がいました。 何かというとすぐ気分をくずしてしまうので、精神的にもっと安定させたほうがいいと思って、最初はいろいろ注意をしていました。 それでもあまり改善がみられなかったので、途中からほめることに方針を […]

「人たらし」のブラック交際術

自分の年齢が上がってくると、年少者に対して横柄な態度をとりがちになる。 年齢が上がれば、そこそこには昇進するので、地位も上になる。 だから、どうしても横柄になりがちである。 「俺は先輩なんだからな!」 「俺のほうが、役職が上なんだぞ!」 そ […]

立川談四楼「インターネット時代の生き方」

なんでもかんでもインターネットで調べられる時代です。 外出先でも、スマートフォンがあれば、何でもすぐに検索できるというのは、たいへんに便利だなぁ、とは思います。 だからなのか、このところ、人にモノを訪ねる態度がちょっとおかしい人が急増してい […]

伝え方が9割「娘が自分から靴を履きはじめた」

2歳の娘をもつ坂井恵美さん(仮名)。 保育園に毎朝、娘を連れていくのですが、困っていました。 娘が靴を履きたがらないのです。もちろん、靴を履かずに連れていくことはできず、 「靴を履いて」 というのですが、まったく履く気配もないばかりか、部屋 […]

西田文郎「要の人間との付き合い」

私は若い頃、人生の師に、成功するための人との付き合い方を教えられたことがある。 そのときに、いただいた言葉が「要(かなめ)の人間との付き合いを大切にしろ」というものだった。 人間関係の中には、要になる重要な人物が必ずいるものだ。 強運の持ち […]

斎藤一人「損して得取れの本当の意味」

ほとんどの人は、「損して得取れ」の意味を履き違えています。 たとえ損をしても、お客さんを集めればいいんだ、と思っている人がいるけれど、 商人が損をしていたら、大手でもない限り、つぶれちゃうよ。 「損して得取れ」は、そういう意味じゃないの。 […]

ありきたりの毎日を黄金に変える言葉

腹を空かせた貧しい青年が、 橋の上に座ってぼんやりと漁師たちの仕事を眺めていました。 漁師の釣りカゴの中をのぞき 近くに魚の群れが泳いでいるのを見て 青年は言いました。 「まったく、あれだけの魚が手には入ったら ぼくだって元気になれるのにな […]

松田聖子「100%好かれる1%の習慣」

国内線のCAとして、多いときで1日に2000人以上のお客様と接してきた私は、「人の思いや気持ち(内面)は、日常の行動(外面)にあらわれる」ことを学びました。 12年間のフライト生活を振り返ったとき、たくさんの方の笑顔が、いまも心に残っていま […]

岩崎峰子「伝説の芸妓 祇園の教訓」

京都で【伝説の芸妓】と言われる岩崎峰子さんは 著書[祇園の教訓]のなかでこう言っております。 「人見知りの性格が幸いしたのかもしれないと思うことがあります。 もし、私に誰とでもすぐに親しくなれるという 〝才能〟があったら どうやってお客様を […]

心身障害者オリンピックで見た感動ストーリー

数年前にシアトルで行われた スペシャルオリンピックでのこと 九人の選手たちが、100ヤード走のスタートラインに立った 選手は全員が心身障害者だ 号砲とともに、全員がスタート 全力疾走とはいかないものの、ともかくゴールを目指し 勝つために走ろ […]

1 59 60 61 62 63