【必見】人と人との付き合い方

もし、あなたに、 「この人とは、一生つきあっていきたい」 と思う相手がいたら、 「すぐに仲良くなろう」という焦りは禁物だ。 むしろ不器用に、 ゆっくりと時間をかけて相手を「思い」、 ゆっくりと時間をかけて 自分のことを「思ってもらう」という […]

無能 唱元 「小さなサトリ」

ある大成功を収めた実業家は、 「成功するには、たった一つの秘訣を守れば良い。それは、『私は困っていない』と思うことだ」 と述べたそうです。彼が言うには、 「成功に導くものは、才能でも、努力でも、苦労でもない」 そしてそれは何かというと、その […]

斎藤 茂太 「気持ちの整理の上手い人下手な人」

気分が落ち込んでくると、人に会うのが厭(いや)になる。 特に、初対面の人は、相手のペースもわからず、つきあうのにかなりエネルギーを必要とする。 自分のエネルギーが低下しているときには、おっくうに感じるのも当たり前だ。 また、上司の顔を見るの […]

【必見】相手に気持ちを伝えるコツ

「みんなが同じ感じ方をするに違いない」 という思い込みがあるほど、言葉は通じにくくなります。 「もしかしたら、あの人には伝わっていないかもしれない」 「この言い方で、ちゃんと伝わったろうか」 そんなふうに疑ってみる人ほど、 伝えるのが上手に […]

鴨下一郎 「伝えたい気持ち」が伝わる本

違う言葉を話し、違う文化を持っている人とは、うまく話が伝わらない… と、私たちは思いがちです。 「前提」が違うことが多いからです。 けれども、「うまく伝わらなくて当たり前」 と思っていますから、案外努力をし通じるようになるものです。 これが […]

言葉一つで奪うことも支えることもできる

「頑固だからがんになるんだ」と医師に言われた乳がんの患者さんは、医療なんか受けたくないと思ったそうです。 言葉一つが生きる力を奪うこともあるのです。 反対に、言葉一つが命を支えることもあります。 私たちの病院に来られた患者さんの話です。 「 […]

人生と親友になれる生き方

私たちは、一度「この人はこういう人だ」 と思い込んでしまうと、 なかなかその思い込みから自由になることができません。 けれども、何かのきっかけで固定観念が壊れる体験をすると、 相手が別人のように見えてくることがあります。 そんなはっとする体 […]

小林正観 「楽しい人生を生きる宇宙の法則」

もし、言いたいことがあるときは、お互いに意見を主張すればいいのですが、 それは笑顔で言えばいいことであって、ケンカをする必要はないんですね。 大人になるということはケンカをしないということですから。 さらに、家庭のことで言いますと、同じ言葉 […]

藤尾秀昭 「小さな修養論2」

二宮尊徳はまさに焦点を定めて人生を生きた人である。 尊徳は天明7(1787)年に生まれ、70歳で生を終えた。 それは幕末の国家的動乱期で、内憂外患(ないゆうがいかん)の時代であった。 その時期に尊徳は貧困にあえぐ農民救済に焦点を定め、国事を […]

「言わなくてもわかるだろ」は甘え??

「言わなくてもわかるだろ」 というのは甘えだと思う。 他人同士であれば 相手に自分のことをわかってもらえなくても仕方ないのに、 わかってもらおうと自分から歩み寄ることなしにわかってもらおうというのは 虫がよしすぎるんじゃないか。 「言わなく […]

1 54 55 56 57 58 64