ジェフ・ケラー 「できる人とできない人の小さな違い」

不満を言わないかわりに、何もせずただじっと人生の問題をすべて無視すればいいなどと言うつもりはない。 私が言いたいのは、不満をいうことではなく、問題を解決するか、少なくとも問題を軽減するための方法にエネルギーを集中したほうがずっといいというこ […]

鈴木秀子 「愛」は伝わっていますか

愛というのは、 「好きだ」という感情の問題ではありません。 行動で、あるいは知恵を与えて、 その人が本当に人間らしく成長していくために、 サポートするのが愛の働きです。 無条件の愛に触れた人は、 自分の弱さを受け容れることができるし、 人間 […]

井村和清 「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」

井村和清さんが書いた「ふたりの子どもたちへ」という手紙をご紹介させていただきます。 _______ 心の優しい、思いやりのある子に育ちますように。 悲しいことに、私をお前たちが大きくなるまで待っていられない。 こんな小さなおまえたちを残して […]

糸川英夫 「メイ・アイ・ヘルプ・ユー」

それでは、都市の中で、都市化した人間が現在の問題を解決するために、一番最初にやらなければならないことはなんだろうか。 私は英語でいうと、“メイ・アイ・ヘルプ・ユー”という言葉ではないかと思う。 もし、たった一つだけ英語を覚えるとしたら、私は […]

ちょっとした気づかいがあなたの人生を変える

飲食店に入って、カウンター席や相席などで、知らない人と同席する機会があったら、そこであなたの気づかいの練習をしてみませんか。 相手に会釈をしたり、「こちら、座ってもいいですか?」と声をかけたりするなどという行動を、ぜひあなたからさりげなく起 […]

斎藤一人 「おもしろすぎる成功法則」

最近、ひとりさんは目が覚めると、こう思うようにしているんです。 「よし、今日も一日、美化して生きよう!」 「美化」というのは、部屋をセッセと掃除することではないんだよ。 気持ちの問題なんだよね。 「自分に起きたことを、そのままで受け止めず、 […]

佐藤一斎 「志の見つけ方」

自信を持つ。 これが「人としての最低条件」です。 能力がなくてもよい。 知識がなくてもよい。 それでも、自分を信じる。 自分で自分を否定しない。自分で自分を嫌いにならない。それこそが、もっとも大切なのです。 もし自分で自分を信じられなくなっ […]

鈴木秀子 「いやなところも受け入れるのが本当の愛」

愛するということは、 自分や相手のすばらしさを 実感することではありません。 いやなところを受け入れることなのです。 いいところを好きになることは 誰にでもできます。 しかし、それは、愛ではなくて、 単なる好き嫌いにすぎません。 醜い部分、 […]

【感動】隣の子は小児麻痺

知的障害者を兄にもつ小学1年生の子(弟)の話です。 入学式の日、その子の席のとなりに、小児麻痺で左腕が不自由な子が座りました。 お母さんの心は揺れました。 この子(弟)は、家では知的な障害をもつ兄がいるためにいろいろ苦労して、学校では、小児 […]

川村則行 「ひとりじゃ生きられないんだ」

人は、自分がだれかによって、 何かによって支えられているのだと気づけば、謙虚になれる。 自分の弱さやはかなさに気づくことができるのだ。 自分がいったいどれだけのものに支えられているか、 一度リストアップしてみるといいと思う。 そのリストを見 […]

川北義則 「短所は直すな!」

「自分の意見がいえない。何に対しても控えめになってしまう」 こんな悩みを抱える人がいる。 しかし、私はこういう控えめな人の中に、こんな長所を見出すことがある。 ■冷静である ■思慮深い ■他人に優しい ■謙虚である ■地味な仕事をきちんとこ […]

大竹稽 「賢者の智慧の書」

我々は陰徳を施すことに慣れていない。 むしろ、勘定した報酬に応じた善行だけをしようとする。 さらに、はじめの一歩を踏み出すことにも慣れていない。 まず、だれかが善行をなすのを見て、それに倣おうとする。 最高の善行も、行い方やアピールの仕方で […]

1 44 45 46 47 48 52