斎藤一人「なにやっても不安な人」

誰がなんと言おうと、明らかに世の中はよくなっています。 松下幸之助さんの話ではありませんが、宇宙はちゃんと生成発展している。 たとえば今より少し前、江戸時代のことをちょっと考えてみましょう。 江戸時代は将軍様の家にだって、扇風機なんかありま […]

辻井伸行「盲目のピアニスト 母の育て方」

世界的に活躍する盲目のピアニスト、辻井伸行さんをご存知でしょう。彼の母親こそ、子どもの才能を伸ばす、すばらしい人です。 子どもが盲目だとわかって絶望しそうになりましたが、小さい頃から生活雑音に敏感で、いやだと思ったら泣きやまないことから、「 […]

人生最大の危険は、自分のことだけ考えること

《人生最大の危険は、自分のことだけ考えること》 (アルフレッドアドラー:フロイトの最初期の弟子で深層心理学の巨頭。くる病にかかって身体障害を経験したのをバネに医師に。すべての人間に普遍的に劣等感があるとした) ゆううつ? そんなものはきっと […]

組織文化は人々の行動を大きく規定する

『ビジョナリー・カンパニー2』などの著書で有名なジム・コリンズは、採用を「バスに乗せる」と表現し、それこそが組織の命運を決めると主張しました。 「誰をバスに乗せるか」ということが特に影響を与えるのは組織文化です。 組織文化は人々の行動を大き […]

たくさん失敗した人ほどうまくいく

ほとんどの人生では、成功と失敗は 投げ損ねた釣り糸のように絡み合っている。 失敗が成功を生み、やがてまた失敗し、 再び成功する。 その繰り返しだ。 人生を振り返ったとき、 かつては見事な勝利と思えたものが色あせて見えることがある。 逆に、そ […]

「運命」というものは「人が運んでくるもの」

私たちは、一人ひとりを本当に大切にしているか、ということを常に考える必要があります。 例えば、手紙をくれた人に返事を書こうと思いながら、つい書きそびれて月日が経ってしまい、いつの間にか忘れてしまうことは少なくありません。 同じように宅配便で […]

斎藤一人「売り言葉に買い言葉」

「売り言葉に買い言葉」と言いますが、いままで、売られた言葉を買ってもロクなことがなかった。 それでも、つい買ってしまうのが「売り言葉」です。 いわれなきこと、不当なことを言われたとき、その「いわれなきこと」「不当なこと」というのは、反論した […]

微笑みの首飾り

本当にすばらしい年長者として敬われたいのなら、場所が変わるとともに自分の気持ちを切り換えて、普通の人なみの扱いで当然だと思い、また普通以上に扱われた場合は、それをありがたいことだと感じなければいけないはずなんですね。 そういうふうに思ってい […]

おせっかいやき

おせっかいやきの特徴として、物をプレゼントするという習性があります。 食べ物はもちろん、お店で見かけた面白いグッズなどプレゼントしたくなるのです。 そういう姿を見て、たまに友人が「『こんなにしてあげているのに、あの人からは何もしてもらってい […]

心配せんでもよい

十月の中頃、三人連れのご婦人が参拝にこられたことがありました。 その中のお一人が、庭の片隅に咲くコスモスの花を見つけ、「まあ可愛い、こんなところで一生懸命咲いているね!今日は、こんな可愛いコスモスに出会えてよかったわ。ねえ、皆さん!」 「本 […]

「独立して儲けよう」は儲からない

何も差し出す準備をしないで、「独立して儲けよう」といっても儲からないと思う。 「日本を変えよう」といっても変えられないだろう。 「世界に進出しよう」といっても万人に一人の確率だ。 ブラック・ジャックは、「あなたは天才。あなたの腕でわたしの息 […]

1 2 3 4 5 49