斎藤一人「世界一ものスゴい成功法則」

スゴいサラリーマン、スゴいOLさんは、全力で仕事をするのではなくて、全力でお願いしていればいいんです。 「次、私はこういう仕事をしますので、皆さん、よろしくお願いします」 「今取り組んでいるプロジェクトを手伝ってくれる人がいたら、紹介してく […]

中谷彰宏「なぜあの人は余裕があるのか。」

エレガンスのある人が大人です。 「大人」の反対語は、「中年」です。 大人には余裕があって、中年には余裕がないのです。 エレガントに見えるのは、オシャレをしているからではありません。 余裕があるからです。 お店で商品を間違えられた時にムッとし […]

子育てで失敗してしまう人

子育てにしても、みんな失敗するのは執着があり過ぎるからです。 「子どもは私とは別な人間です。私は預かっているのです」という感じでいいでしょう? 人間様ですからね、けっこう気をつけて、ていねいに面倒を見なくてはいけません。 悪いことをしてしつ […]

運の教科書「ある学生の運を上げた話」

大学の私のゼミにちょっと弱点のある学生がいました。 何かというとすぐ気分をくずしてしまうので、精神的にもっと安定させたほうがいいと思って、最初はいろいろ注意をしていました。 それでもあまり改善がみられなかったので、途中からほめることに方針を […]

伝え方が9割「娘が自分から靴を履きはじめた」

2歳の娘をもつ坂井恵美さん(仮名)。 保育園に毎朝、娘を連れていくのですが、困っていました。 娘が靴を履きたがらないのです。もちろん、靴を履かずに連れていくことはできず、 「靴を履いて」 というのですが、まったく履く気配もないばかりか、部屋 […]

竹内宏「独創力こそ、工場の誇り」

『媚(こ)びない、群れない、属さない、そして、やめない、あきらめない』 「あまり群れるのも好きじゃないし、媚びるのはもっと嫌いだし、属するのもどちらかというとあまり好きじゃない。 ということになってくると、おのずと選択肢って狭くなっちゃうん […]

小林正観「幸せか?不幸か?」

不幸や悲劇が存在しないかわり、幸せも存在しない。 あるのは、目の前の現象を、幸せと思う心で見るか、不幸や悲劇と思う心で見るか、だけです。 心をこめて宿泊者に対応しているある宿の経営者が、私にこんな相談をしました。 「夕食を食堂で7時から食べ […]

平井伯昌「一流と二流の違い」

“一流の人”と“二流の人”の違いについて、 北島康介選手や寺川綾選手のコーチを務め、 競泳日本代表のヘッドコーチである“平井伯昌”さんはこう言います。 _______ 一流と二流の違いというのは、 「こんちくしょう、こんなところで負けてたま […]

コンフィデンスシンキング「成功のための7つの絶対原則」

飛行機だってロケットだってパソコンだって携帯電話だって、 100メートルを初めて9秒台で走った人だって、 存在していない時代にあっては、 世界中の誰もが未知なのです。 未体験なのです。 根拠なんてなくても、 「必ずできる」「できないわけがな […]

弱小チームから日本一への道

昨年の4月に指導を頼まれて、まずは2週間という約束で横浜まで、日体大陸上部の練習を見に行きました。 合宿所で一緒に寝泊りしたのですが、選手たちは夜中の12時近くまで起きている。 古い木造二階建ての寮でしたから、話し声が聞こえるんですね。 こ […]

ありきたりの毎日を黄金に変える言葉

腹を空かせた貧しい青年が、 橋の上に座ってぼんやりと漁師たちの仕事を眺めていました。 漁師の釣りカゴの中をのぞき 近くに魚の群れが泳いでいるのを見て 青年は言いました。 「まったく、あれだけの魚が手には入ったら ぼくだって元気になれるのにな […]

器の大きさの広げ方

「使ったお金の額」と「その人の器の大きさ」は比例する。 バブルの頃とは違い、今は将来への不安からか、遊びにお金を使わない若者が増えている。 まだ20代で「貯金が趣味」だなんて声も聞く。 しかし、若くてお金がないときでも、その範囲内で一生懸命 […]

1 72 73 74 75 76 83