意味は作り出すものではなく、見つけ出すもの

アリも、ミツバチも、動物も、 自分の存在に意味があるかどうか、 疑問を抱いたりはしない。 だが人間はそれをする。 自分の存在の意味を気にかけるのは、 人間ならではの特権なのである。 私たちは意味を探すだけでなく、 意味を見いだす資格を持って […]

どうしようもない運命をどう受け入れるか

苦しみを味わわなくても、自分を伸ばすことはできる。 だが、どうしようもない運命の力によって、 重い十字架を背負わされた時に、 そこから何も学び取らないとすれば、 人生はそれこそ無意味なものになってしまう。 どうしようもない運命をどう受け入れ […]

アレックス・パタコス 「希望の見つけかた」

生きる意味とは結局のところ、 誰かに尋ねるようなものではなく、 自分自身に問いかけるべきもの。 この点に気づかなくてはいけない。 つまり、人はみな生き方を問われていて、 自分のなりの生きる意味を見いだすことによってしか、その問いに答えられな […]

佐藤一斎 「志の見つけ方」

自信を持つ。 これが「人としての最低条件」です。 能力がなくてもよい。 知識がなくてもよい。 それでも、自分を信じる。 自分で自分を否定しない。自分で自分を嫌いにならない。それこそが、もっとも大切なのです。 もし自分で自分を信じられなくなっ […]

目の前ことに集中するために、必要な時間をかける

どんな小さなことにも、必要なだけの時間をかける。 急ぎ足の人生は願いさげだ。 私たちが「充分な時間がない」と思いこんでいる限り、 時間が足りるなんてことはない。 だからエレベーターに駆け込み、 電車に駆け込み、 電話の合間にあわただしく昼食 […]

自分の弱さを自分で認めることは必要??

自分にはできないとわかったときに 「できない」 と自分で認めること、 つまり自分の弱さを自分で認めることは、 人が元気で生きていくためには意外に重要なのである。 人間は、いつでもどんなときでもがんばればいいというわけじゃない。 ときには、元 […]

境野勝悟 「禅的老い方」

安土桃山時代から江戸時代の前期の臨済宗の僧、沢庵(たくあん)和尚は、宮本武蔵の心の師であった。 正保二(1645)年の十二月の上旬に、沢庵さんが病の床に臥(ふ)したと聞いて、たくさんの人が、品川の東海寺に集まってきた。 沢庵さんは、床の上か […]

川村則行 「プラス思考だけじゃダメなんだ!」

小学生を集めて3つのグループ分けをし、 足し算のテストを何日かに分けて数回行った。 テストの期間中、 ひとつ目のグループはテストの結果に関係なくほめ続け、 ふたつ目のグループは結果に関係なく叱り続け、 みっつ目のグループはほめも叱りもしなか […]

2万人の人生を変えた23通の手紙

覚悟を決めよう つらいこと、悲しいこと 厳しい呼びかけが まだまだ続く どんな呼びかけがやってきても 「ハイ」、「ハイ」と 答え続けよう 何万回続く苦難だとしても 無視する人、反発する人 呼びかけても、呼びかけても 返事がない それでも呼び […]

人の心を一瞬でつかむ方法

「では皆さん、まずOKサインをつくってみてください」。 彼はそう言いながら人差し指と親指で輪をつくり、その手を高く掲げます。 続いてセスはこう指示を出します。 「今度はそれを自分の顎に当ててみてください」 ―――そのセリフと同時に、彼は自分 […]

1 64 65 66 67 68 78