親が変われば子は変わる

たとえば、アメリカでは、 子供をスイミングスクールなどに送り出すときには、 「いい時間を過ごしてね。楽しんできてね」 (ハブ・ア・ナイス・タイム、エンジョイ!) と言います。 ところが日本の親は決まって「頑張ってね」です。 そして帰ってきた […]

ナポレオン・ヒル「プラスアルファの努力」

ナポレオン・ヒルが提案したものの中で、わたし自身の成功の核となっているポイントが一つある。 それは、“プラスアルファの努力”だよ。 つまり、頼まれるよりも、期待されるよりも多くのことをすることだ。 謝礼や、個人的利益のためにするのではない。 […]

ニュートンが万有引力を発見した「ひらめきの起こし方」

ひらめきというのは、ある日突然、何の前触れもなく空から降ってくるわけじゃない。 ニュートンだって、彼がただのリンゴ農家だったら、何万回リンゴが落ちるのを見ても「困ったな」とは思うかもしれないけれど、万有引力のことなど思いもつかなかったはず。 […]

斎藤一人「世界一ものスゴい成功法則」

スゴいサラリーマン、スゴいOLさんは、全力で仕事をするのではなくて、全力でお願いしていればいいんです。 「次、私はこういう仕事をしますので、皆さん、よろしくお願いします」 「今取り組んでいるプロジェクトを手伝ってくれる人がいたら、紹介してく […]

中谷彰宏「なぜあの人は余裕があるのか。」

エレガンスのある人が大人です。 「大人」の反対語は、「中年」です。 大人には余裕があって、中年には余裕がないのです。 エレガントに見えるのは、オシャレをしているからではありません。 余裕があるからです。 お店で商品を間違えられた時にムッとし […]

子育てで失敗してしまう人

子育てにしても、みんな失敗するのは執着があり過ぎるからです。 「子どもは私とは別な人間です。私は預かっているのです」という感じでいいでしょう? 人間様ですからね、けっこう気をつけて、ていねいに面倒を見なくてはいけません。 悪いことをしてしつ […]

運の教科書「ある学生の運を上げた話」

大学の私のゼミにちょっと弱点のある学生がいました。 何かというとすぐ気分をくずしてしまうので、精神的にもっと安定させたほうがいいと思って、最初はいろいろ注意をしていました。 それでもあまり改善がみられなかったので、途中からほめることに方針を […]

伝え方が9割「娘が自分から靴を履きはじめた」

2歳の娘をもつ坂井恵美さん(仮名)。 保育園に毎朝、娘を連れていくのですが、困っていました。 娘が靴を履きたがらないのです。もちろん、靴を履かずに連れていくことはできず、 「靴を履いて」 というのですが、まったく履く気配もないばかりか、部屋 […]

竹内宏「独創力こそ、工場の誇り」

『媚(こ)びない、群れない、属さない、そして、やめない、あきらめない』 「あまり群れるのも好きじゃないし、媚びるのはもっと嫌いだし、属するのもどちらかというとあまり好きじゃない。 ということになってくると、おのずと選択肢って狭くなっちゃうん […]

小林正観「幸せか?不幸か?」

不幸や悲劇が存在しないかわり、幸せも存在しない。 あるのは、目の前の現象を、幸せと思う心で見るか、不幸や悲劇と思う心で見るか、だけです。 心をこめて宿泊者に対応しているある宿の経営者が、私にこんな相談をしました。 「夕食を食堂で7時から食べ […]

1 59 60 61 62 63 70