行動を鈍らせない

些細な気がかりで人は動けなくなっていきます。 行動が鈍ります。 ましてや、小さな気がかりが束になって残っているとしたらどうでしょう。 気持ちが占領されてしまいます。 大きな憂鬱の原因です。 これが「未完了」といわれるものです。 「未完了」が […]

ハーバード大学式「希望の見つけ方」

ハーバード大学で人間の感情を研究している人たちによると、感情というのは「喜怒哀楽」だけではなく、全部で12種類に分けられるんだそうです。 そして、その分類でいくと「希望」というのも感情なんですって。 さらに、それら12個の感情の中で「希望」 […]

成長するために必要なこと

成長するために必要なのは、 1、ふだんは入れない場所に入って、 2、ふだん会えない人に会って、 3、恥をかくこと、です。 グズグズする人は、「積極的に行動します」と言います。 「行動する」という人は、恥をかけません。恥をかかないように行動す […]

ビジネスはゲームだ

信長 ビジネスにおいてもゲーム感覚が役に立つということですが、これに関して、もう少し詳しく教えていただいてもいいですか? 一人 やっぱり、なんといってもお金を稼ぐのに一番大事なのは、集中することだからね。 信長 それは、まるでゲームをするよ […]

種をまき続ける

仕事をしていくうえで大切なのは、常日頃から「種をまき続ける」ことです。 種をまかなければ芽は出ず、葉もつかず、花も咲かず、最終的に実を収穫することができません。 それなのに、自ら種をまかずして、育てることもしないで、何とか実だけ集めようと右 […]

「また会いたい」と思われる人

「聞く力」と同様、「質問力」も大切です。 十八世紀を生きたフランスの哲学者ヴォルテールは、「答ではなく、むしろ問いによって人を判断すべきである」という言葉を残しています。 言い換えれば、「いい質問ができるかどうかで、その人の能力が判断できま […]

ほどよく距離があるとき

ほどよく距離があるとき、人は不思議とやさしくなれるものです。 誰かと関わるとき、その対象との距離感をはかりながら、もっと近づきたいと押しすぎたり、自分なんてと引きすぎたり、ときに間違い、修正しながら人間関係を織りなしていく。 人生とは、その […]

続ける技術

「続け方を知らない」という指摘に、違和感を覚えた人もいるでしょう。 「週に2回と決めた勉強を、毎週やるだけ。そんなことはわかっているよ」と。 しかし、多くの人がそれを意思の力でやろうとしています。これがダメなのです。 新しいことに取り組み始 […]

残酷すぎる成功法則

ウィンストン・チャーチルはイギリスの首相になるはずがない男だった。 “すべて完璧にこなす”政治家とほど遠い彼が首相に選ばれたことは、衝撃的な出来事だった。 たしかに切れ者ではあるが、その一方で偏執的で、何をしでかすかわからない危険人物という […]

デイ・サイエンス・ナイト・サイエンス

私はよく、科学には「デイ・サイエンス」と「ナイト・サイエンス」があると言います。 「科学」の一般的なイメージ、つまり、仮説にもとづいて綿密に実験を繰り返し、実証を積み重ねていくというのは、「ディ・サイエンス」です。 このように理性的、客観的 […]

斎灯サトル「色覚障害の画家」

神社仏閣の天井画の個人製作は日本一。 そんな画家の斎灯サトルさんは、画家になる前は造園の仕事をしていました。 でも、趣味で描いていた絵に注文が入り始め、造園の仕事を続けるか、絵の道で勝負するか、迷っていました。 というのも、絵の道に踏み込め […]

人生が自分の思ったとおりにならない

ふしあわせだと思うのは、 人生が自分の思ったとおりにならないからです。 「こうなるのが当然だ、こうなるはずだ」という期待に、 すべて答えてくれる人生というのはないのですが、 私達はそうは思わず、 ただ自分は、ふしあわせな人間だという結論を出 […]

1 2 3 4 5 74