一流の素材より、二流のプロ

約十年ほど前、英語学習雑誌の編集者にこんな話を聞いた。 「うちの読者はみなさん、すごくまじめなんです。アメリカやイギリスを旅行したい、留学したいと思って一生懸命、英語を勉強するんですが、どれだけやっても『まだ英語力が足りない』と思ってしまい […]

「話のおもしろい人」の法則

あなたは「何を、どう話せばいいのか」ということばかり考えているはずです。 しかし、それ以上に大切なのは、「相手が何を望んでいるのか」を考えることです。 あなたの話がおもしろいかどうかをジャッジするのは、あなたではない。相手です。 ということ […]

大前研一「アクティブ・ラーニング」

アクティブ・ラーニングという考え方自体はすでに文科省の審議会などでも提唱され、学校教育でも取り入れられているが、単に子供たちが受け身ではなく主体的に学ぶ学習法という意味で使われることが多い。 しかし、構想力というのはまだ誰も考えたことのない […]

すべてがうまくいく言葉

自分のボキャブリーから、 「すべき」という言葉を永遠になくしてしまおう。 そして「すべき」を「できる」という言葉に 置き換えてみるのだ。 「できる」と言えば、 自分に選択肢があることがわかる。 そもそも、自分がやりたくないことのために、 何 […]

ドーパミンとオキシトシン

脳の仕組みを知ると、幸せになるのは大きく二つの方法があることがわかります。 一つは、目標達成や夢の実現によって得られる幸せで、これをドーパミン的幸せと呼びます。 もう一つは、オキシトシン的幸せで、親切やふれ合いによって得られる幸せです。 ド […]

質問です。100-1の答えは?

質問です。100-1の答えは? ビジネスの世界では正解は99ではありません。0です。 ビジネスの基本は相手から信用を得て信頼関係を構築することです。信頼がなければビジネスの土台にも上がれません。 (中略) 信用がつき始めたのは、当たり前のこ […]

「気の使い方」がうまい人

小さな子供に話しかけるとき、立ったまま見下ろすような姿勢でしたのでは、きちんとしたコミュニケーションは成立しない。 一方的に上から下へという威圧感が、子供を無意識のうちに押さえつけているからである。 コミュニケーションは対等の足場に立っての […]

人間関係は「そとづら」が9割

美しい動きを維持するというのは、実はそんなに難しいことではありません。 ポイントはたった一つ。「ながら動作をしないこと」これに尽きます。 誰でもついやってしまうことなのですが、人と応対しているときの「ながら動作」は、自分が感じている何倍もの […]

できない。無理だ。所詮、夢だ。幻だ

あなたが発する言葉には威力があるのです。 毎日毎日、心の中で 「できない。無理だ。所詮、夢だ。幻だ」 などと自分の言葉で自分の頭を洗脳していたら、 そういう方向に向かっていくのは当たり前のことです。 「できない自分、能力のない自分」をつくっ […]

行動を鈍らせない

些細な気がかりで人は動けなくなっていきます。 行動が鈍ります。 ましてや、小さな気がかりが束になって残っているとしたらどうでしょう。 気持ちが占領されてしまいます。 大きな憂鬱の原因です。 これが「未完了」といわれるものです。 「未完了」が […]

ハーバード大学式「希望の見つけ方」

ハーバード大学で人間の感情を研究している人たちによると、感情というのは「喜怒哀楽」だけではなく、全部で12種類に分けられるんだそうです。 そして、その分類でいくと「希望」というのも感情なんですって。 さらに、それら12個の感情の中で「希望」 […]

成長するために必要なこと

成長するために必要なのは、 1、ふだんは入れない場所に入って、 2、ふだん会えない人に会って、 3、恥をかくこと、です。 グズグズする人は、「積極的に行動します」と言います。 「行動する」という人は、恥をかけません。恥をかかないように行動す […]

1 2 3 4 74