残酷すぎる成功法則

“幸福学研究のゴッドファーザー”として知られるオランダの社会学者、ルート・フェーンホーヴェンは「世界幸福データベース」を主宰している。 同氏が幸福度の見地からすべての国を精査したところ、最も幸せからほど遠い国になったのがモルドバだった。 元 […]

大きな仏壇を買うことが先祖供養じゃない

先祖供養の本当の意味は、子孫であるその人のことを、「いてくれてよかった」って言う人が何人いるかなんだよ。 大きな仏壇を買うことが先祖供養じゃないの。 それは仏壇屋さんや宗教をやってる人が言うこと。 さらにいえば、それって商売なの。 仏壇に入 […]

他人様が自分の思い通りになる

そもそも、他人様が自分の思い通りにそうそう簡単に変わってくれるものではありません。 まずはこのことをしっかりと肝に銘じておくことです。 これは何も他人から迷惑をこうむったときに、 すべて泣き寝入りをしなさいといっているわけではありません。 […]

飲食店の平均寿命が短くなっている

飲食店の平均寿命が短くなっている。 3年続けばあっぱれ、といわれる業界で、10周年を迎えられるお店の少ないこと。 初期投資をして、休みも取らずに働いて、10年もたないのでは、やる意味がない。 ある程度有名になったシェフでも、人気の波が過ぎる […]

口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」

人から褒められると、誰しもうれしいものです。 自分は認められていると思えば、 うれしいだけでなく元気もでてきます。 やる気もでてくる。だから成績もよくなる。 仕事もできるようになる。 プラスの言葉を使うということは、 自分で自分を褒めている […]

神様を呼び出すには電話番号がいる。

神様を呼び出すには電話番号がいる。それがマントラ、真言だ。 お地蔵さんのご真言は「オン カカカビサンマエイ ソワカ」サンスクリット語だと、とても分かりやすい。 「Om ha ha ha vismaye svaha」オーン ハ ハ ハ ヴィス […]

絶対に効くという治療法はない

私のまわりには、西洋医学の常識からいえば信じれないような方法でがんを克服した方がいます。 たとえば、当時39歳だった女性です。 肺がんを患っていました。 手術も抗がん剤も放射線もできないほどの状態で、何か西洋医学以外の方法をやってみたいと私 […]

オトナの一休さん

厳しい修行を続けてはみたものの、悟りを開いたかどうか、それを証明することは難しい。 それなら師となる僧侶が証明書を発行するのがよいのでは、ということから「悟りを開いた」と認めた弟子に発行したものが「印可状」。 一休さんは、この印可状について […]

つい、他人を変えようと思ってしまいます

私たちは、つい、他人を変えようと思ってしまいます。 じつは、そう思ったときから間違いがはじまります。 他人の心をテレビのチャンネルを変えるようにはできません。 他人をよくしようと思っても、それはムダな行為です。 逆にイザコザの原因になったり […]

村上春樹「1973年のカップ焼きそば」

村上春樹「1973年のカップ焼きそば」 きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない。エレベーターの階数表示を眺めるように、ただ見ているだけだ。 勝手に液体ソースとかやくを取り出せば […]

できるビジネスマンは、例外なく「話が短い」

私はスクール運営、企業研修、外部講演も合わせると、年間約3000人にお会いしています。 その中で一つだけ確実に言えることがあります。 それは、『できるビジネスマンは、例外なく「話が短い」ということ』。 常に結論がハッキリしています。 発言も […]

アイディアは既に使われている?

作家の卵たちはよく、「アイデアはあるんですが、誰かがもう使ってしまったかもしれないと思うんです」と言います。 そうですね。たぶんそのアイデアはもうどこかで作品になっているでしょう。 ほとんどすべての創作上の試みは、すでに誰かによって手がつけ […]

1 2 3 4 64