学校秀才ではない

歴史に残るような創造的な仕事をした人は、不思議なくらい一つの共通点をもっています。 それは「学校秀才ではない」という点です。 偉人の伝記などを読むと、学校は嫌いでまともに学校へも通っていないという例がほとんどなのです。 学校教育というものが […]

世の中は正直そのものである

私が今、「世の中は正直」という言葉によって表そうとしているものは、一体いかなることかと申しますと、それは成程ちょっと考えますと、この世の中は、いわゆる「目開き先人、盲目千人」であって、なかなか正しい評価というものは得にくいものだとも言えまし […]

なぜ、その職業を選んだか思い出す

「自分がなぜ、その職業を選んだか思い出す」 いま、あなたはなにか職業についています。 あなたには、もともとその職業を選択するに至った「想い」があるはずです。 どんなにいま、その職業で つらい思いをしていたとしても、 最初にその職業に込めた気 […]

麻雀のプロに学ぶ

麻雀の神様、阿佐田哲也は、 麻雀には勝つ方法はないと言ってますが、 負けない方法はあると言っています。 負けない方法の1つとして、 「上手に降りる」という戦法があります。 勝負事で考えるならば、自信のないレースには 「降りるのも攻め」なので […]

誰でも簡単に幸せになれる、たった1つの法則

誰でも簡単に幸せになれる、たった1つの法則をご存知ですか? ある人は、この法則を知って、嫌なことがあってもすぐに腹を立てなくなりました。 またある人は、普通で単調な毎日が、ワクワクしたものに感じられるようになりました。 その法則とは… 社会 […]

相手のあら探しばかりして…

人間関係もワクワクする冒険だと思えばいい。 少しくらい行き違いやいさかいがあったからといって、 すぐに関係を諦めてしまってはいけない。 「あいつが悪いんだ。その理由はね…」 とやったところで、関係は悪化するだけで、 決して改善しない。 他人 […]

老年学(ジェロントロジー)の研究とその成果の普及

アメリカと比べて、日本が大きく遅れをとっていることの一つに、老年学(ジェロントロジー)の研究とその成果の普及があります。 人間の加齢と高齢者の生き方を研究する老年学が、アメリカでは35年前から盛んです。 アメリカにはすでに500の大学で老年 […]

不思議なくらい心が強くなるヒント

「私は若くないから」 「私は学歴がないから」 「私はお金がないから」 言い訳するのは、とてもやさしい。 自分にとって都合のいい理由を見つければ、 行動しなくても許された気分になれる。 いったん、うまい屁理屈を見つけると、 彼らは将来もずっと […]

不完全な人間の寄り集まりである社会に生きる

たしか、エドワード・リーンという人の本の中に、「他人の行動とか、事物を通して起こる“ままならないこと”に腹を立てた瞬間、私たちは謙虚さを失っている」と書かれてあったように思います。 他人から受ける不当な扱い、誤解、不親切、意地悪等から全く自 […]

とにかく前向きに行動する

自分の感情がどうあれ、とにかく前向きに行動することです。 動けば現実は変化するでしょうか? 変化します。 なぜなら落ち込んでいても元気にふるまえるとわかるからです。 心がどうあれ、行動はできる。 行動している限り、自分は元気な人と何も違わな […]

もっとも愚かな人間とは

《もっとも愚かな人間とは、他人が責めていないのに、自分勝手に自分で自分を責める人のことをいう。》 …19世紀のドイツの考古学者、ハインリッヒ・シュリーマン トロイア遺跡の発掘で有名なシュリーマンの言葉の意味は、わかりやすくいうと、「他人が何 […]

誰でも成功と失敗を繰り返している。

弱気になっているときは、 誰でも自分の人生は失敗だらけだったと考えがちです。 誰でも成功と失敗を繰り返している。 でもすぐに忘れてそのときの気分に従ってしまう。 落ち込んでいるときには失敗がクローズアップされ、 うまくいっているときには成功 […]

1 2 3 4 80