新しい時代への大転換期を生きるために

時はいま、激変動乱の時代、近代から次の新しい時代への大転換期である。 いま我々に求められている力は変化対応能力ではない。 正に時の流れを俺が創るという「時流独創の志」である。 世界は西洋の没落と東洋の興隆を目の前に体験している。 西洋的価値 […]

成功者は「歴史は繰り返す」ことを知っている。

成功者は「歴史は繰り返す」ことを知っている。 さらに、「仕事は知識より経験」ということに、いち早く気づいている。 だから成功者ほど同年代と群れることはない。 直接体験には限度がある。 そこで、年長者や年少者の経験談を聞き、それを疑似体験して […]

今は何もしない

「いつか何々したい」という言葉の背後には、 「いまは何もしない」という「保留」が隠されている。 いま何もしないのに、 将来に変化が起きていくだろうか? 将来を変えたいなら「いま」を変える。 あるいは「今日」を変える。 これは鉄則である。 未 […]

仕事の変化に対応できるひと

今後5~10年の間に、仕事の種類が大きく変わっていきます。 AI、ロボット、自動運転、ブロックチェーン、IOT、ビッグデータなどの発展で、多くの仕事がなくなっていくか、集約され、置き換えられていくからです。 その昔、自動車が馬車を置き換えた […]

1分で話せ

プレゼンというと、資料を作って、人前で何かを話す、その局面だけを切り取って語られることが多いです。 でも、そうやって人前で何かを伝えるのは手段です。 ゴールは、何かしらの形で「相手を動かす」ことです。 いくらきれいに資料が作れたとしても、い […]

インターネットの登場後、日本だけが負けている

私は、海外の10ヵ国以上の「産」「学」「官」の立場の人びとと交流する機会もあり、そうしたなかで認識したのが、「インターネットの登場後、日本だけが負けている」ということでした。 それを端的に表しているのがGDPです。 日本だけが先進諸国のなか […]

「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人

「違いをわかる」ことが、私たち日本人の課題なのかもしれません。 「違っているのは悪いことだ」と思い込んでいる人の、何と多いことでしょうか。 いじめの問題の根っこにあるのは、まさに、このような思い込みでしょう。 ではなぜ、自分とは違うことを認 […]

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

かつて、フリードリッヒ・ハイエク(1899年~1992年)という学者は「貨幣発行自由化論」を発表し、国家が中央銀行を経由して通貨をコントロールすることは実体経済に悪影響を及ぼすとし、通貨の国営化をやめるべきだと主張しました。 現代では考えら […]

人間関係が悪くなるきっかけ

人間関係は、 知り合った瞬間から悪いというケースはあまりありません。 多くの場合、 知り合ってある程度時間が経ってから、 なんらかの行き違いや誤解、 勘違いで問題が生まれるのです。 しかもその行き違いは、発生当初は 「まぁ、いいか」 という […]

こっちの世界に来て、革命を起こそう。

《こっちの世界に来て、革命を起こそう》 今、若者はチャンスだ。 これまでのルールとシステムが通用しなくなっている。 古い世代にはわけの分からない変化が今まさに起こり始めている。 ワクワクする未来が迫っている。 この波に乗ろう。 自分たちの手 […]

1 2 3 81