終身雇用の時代は終わった

変化を歓迎することは、ますます重要性を増しています。 近年、世の中は猛スピードで変化しているからです。 現時点で最新技術を誇る製品でも、わずか一、二年で旧式になります。 数年ごとに会社を辞めて別の会社に移る人も増えています。 しかし、三十年 […]

情熱を感じる必要は無い

何かを愛するということは、 必ずしも情熱を感じることではありません。 それどころか、最愛の愛というものは、 恐らく情熱と呼べるものではない、 という事実をお伝えしたいのです。 心から愛している人たちを思い浮かべてください。 配偶者や母親、自 […]

自分の感情を受け入れるには

人生には、満足したり、幸せな気分になったり、 心を安らかになることもたくさんありますが、 イライラしたり、腹が立ったり、落ち込んだり、 怖くなることもいくらでもあるのです。 それらも、人間の感情の一部です。 それに目をつぶれば、 人生の半分 […]

夢を明確にするだけでは、実は夢は叶いません。

夢を明確にするだけでは、実は夢は叶いません。 たとえば、カーナビで「行き先」を指定しただけではそこに着けません。 もう一つ、「現在地」も入力する必要があります。 では、あなたの人生において、「現在地」とはなんでしょうか? 「現在地」とは、あ […]

自分の気分とうまくつき合える

私たちはいつだって、気分がよくなったり悪くなったりするのをまわりのせいにする。 休暇直前になって締め切りが迫った仕事を指示されるとか、上司が突然怒り出すとか、誰かのせいで遅刻したとか、こうした出来事のせいでイライラさせられていると思い込む。 […]

会話はここから生まれる

相手があなたの話にとまどったり、納得していないようなら、 さらに強く言ってみたり、別の言い方をしたりするよりも、 むしろ相手がその話をどのように見ているかきいてみるといい。 一般的にはこうした場合、 おそらく心強さを感じたいという理由から、 […]

ルック・イースト政策(東方政策)

発展途上国であるマレーシアは、日本から多くのことを学びました。 首相に就任した1981年、私は「ルック・イースト政策(東方政策)」を国策として採用しました。 これは第二次世界大戦で焼け野原となった日本が、たちまちのうちに復興する様から学ぼう […]

チャンスがあれば主導権を奪取しろ

高齢化社会と成長との関係性について考えるうえで、非常に示唆的だなと思ったエピソードがあります。 私のベンチャーファイナンスの先生である、斉藤惇(あつし)さんとお話ししたときに、聞いた話です。 斉藤さんは野村證券の副社長、東京証券取引所の社長 […]

言いにくいことをうまく伝える

わたしたちは相手の意図を知らなくても、 それを知っていると思いこむ。 さらに悪いことに、わたしたちは人の意図がよくわからないにもかかわらず、 それを往々にして、悪いものだと決めつけてしまう。 実のところ人の意図は目に見えない。 わたしたちは […]

人生後半の幸福論

100歳まで生きることが、夢物語ではなくなってきました。 厚生労働省が発表した2017年の調査では、日本において100歳以上の方はいまや6万人強。 国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2050年には100歳以上の方が53万2000人に上 […]

心の動揺を人生に活かすために

心に動揺があると自己実現はそう簡単に達成されません。 追い立てられる気がして自滅的な行為をしたり、 暇になることを避けたいために脅迫観念を抱いたり、 衝動的になったり、パニックになるかもしれません。 動揺することは実際、興奮をかき立てます。 […]

あいつはいい男だ

むかし、中国の衛(えい)の国に、哀駘它(あいたいだ)という、まったく風采のあがらない男がいました。 ところが、彼と接した人たちは、みんな彼を慕って離れようとしません。 誰もが、「あいつはいい男だ」「あんな気持ちのよい男はいない」などと絶賛し […]

1 2 3 78