あなたが何歳であろうと、その年齢を楽しむことだ。

あなたが何歳であろうと、その年齢を楽しむことだ。 他人の期待に応えて喜んでもらおうとするより、 自分の価値観に従った方がいい。 自分のことが明確になれば、 自分に合った選択ができるようになり、 他人の期待に合わせたりしなくなるだろう。 他人 […]

物乞いが翌日からお金をもらえた魔法の言葉

アンドレ・ブルトンがニューヨークに住んでいたとき、いつも通る街角に黒メガネをかけた物乞いがいました。 首に下げた札には、 【私は目が見えません】 と書いてありました。 彼の前には施し用のアルミのお椀が置いてあるのですが、通行人はみんな素通り […]

諸富祥彦「私たちに最も力を与えてくれる視点」

私は、私たちに最も力を与えてくれる視点は、 「“自分はいつ死ぬかわからない” という動かしようのない事実を たえず思い出しながら生きること」 だと考えています。 私たちは、自分がまだ何十年も生きると思えばこそ、 つまらないことにこだわってし […]

小林正観「真面目な人ほど、正しさを追い求めてしまう」

真面目な人ほど、正しさを追い求めてしまいます。 その結果、敵意と憎しみが湧いてくるというように、人間の心が創られているのかもしれません。 社会を四十年観察してきた結果、真面目な人ほど、人生を暗く辛いものにしていることが読み取れてきました。 […]

宮永博史「幸運と不運には法則がある」

夏目漱石の弟子で物理学者であった寺田寅彦は随筆の名手としても知られています。 また「天災は忘れた頃にやってくる」という有名な言葉も残しました。 その寺田寅彦に『科学者とあたま』という随筆があります。 一般的にいわれる「科学者は頭がよくなくて […]

口に出して幸運をつかむ「奇跡の言葉」

人から褒められると、誰しもうれしいものです。 自分は認められていると思えば、 うれしいだけでなく元気もでてきます。 やる気もでてくる。 だから成績もよくなる。 仕事もできるようになる。 プラスの言葉を使うということは、 自分で自分を褒めてい […]

志賀内泰弘「変わり者の夫を持つ妻」

友人夫婦と4人で食事に行きました。 その時、友人の奥さんが私の妻に聞きました。 「どうして、志賀内さんと結婚されたのですか?」 私を目の前にして妻にそんな質問をする友人の奥さん。 思わず笑ってしまいました。 友人も私に負けず劣らずの変わり者 […]

小林正観「神様の秘密のプログラム」

どれほど恵まれているかに気がついたとき、最終的にいきつくのは感謝。 感謝をたくさんしている人は、神様がたくさん応援したくなるらしいのです。 神様は、その人が多く口にしている言葉を、もっとたくさん言わせてあげたいと思うようです。 その人が、そ […]

天毛伸一「明日死ぬかもよ」

大学からの帰り道に、ふらりと立ち寄った書店で、何気なく一冊の本を手に取った。 そのなかには、こんなことが書かれていた。 「明日、死ぬかもしれないと思う今日と、明日は死なないと思う今日とは、今日が違う。生命力の燃焼の仕方が違う」 この言葉に出 […]

1 69 70 71 72 73 84