「愛国心」とは何か?

100%の確信をもって断言しますが、現代の日本人は「愛国心」という言葉に対して、何かしらの抵抗感を持っています。 読者の中に、子供時代から現在に至るまで、「私は愛国心を持っています」と言い続けた日本人が何人いるでしょう。 戦後生まれであれば […]

仕事に感謝しよう・・・って言われても。

イギリスの作家チャールス・キングスレーは「毎朝、床から起きたら、たとえ好きであろうと嫌いであろうと、何か一つやるべき仕事があることを神に感謝しよう」と言い残したそうですが、この言葉は日々仕事に追われているサラリーマンにはピンとこないと思いま […]

自分がどの程度の人間か知ることができる方法

哲学者の三木清は、「行動することによって、人は、自分がどの程度の人間か知ることができる」と述べました。 何かを行えば、必ず結果が出ます。 仕事の実績が出ます。 告白した相手から返事がきます。 受験の合格発表が出ます。 いい結果が出れば、何も […]

一人の終身刑犯がいた

アルカトラズ(※)に、一人の終身刑犯がいた。 すべての世界が彼からは遮断されていた。 空虚で暗澹とした日が1日1日と過ぎていき、 彼は空をとぶ鳥の群れを窓越しに眺めるばかりだった。 ある朝、一羽のケガをした雀がたまたま独房に入ってきた。 彼 […]

自分の花を精いっぱい咲かせる生き方

これはドロシー・ロー・ノルトというアメリカの教育博士がつくった詩です。 まずは静かに、時間をかけて噛み締めるように読んでみてください。 ___ 自分に正直になったとき、大事なことに気づく 本気で何かをしているとき、大事なことに気づく 捨てて […]

佐藤富雄「いい言葉は人生を良くする」

つねに前向きな言葉を使っていると、人生は前向きに動いていきます。 「私の人生はよくなるいっぽうだ」 「必ずできる、とにかくやってみよう」 私もつねに、こういう前向きな言葉を使ってきました。 そして、「いくら出世しても、それだけでは面白くない […]

大きな障害を乗り越えて勝利を収めた人の話を耳にする

私たちはよく、大きな障害を乗り越えて勝利を収めた人の話を耳にする。 そういう話を聞くと勇気が出てくるが、 それは、自分よりはるかにすぐれた能力の持ち主なのだと思ってしまいやすい。 だが、彼らに共通しているのは、 すぐれた能力ではなく、粘り強 […]

私には強みなんて何もない

「私には強みなんて何もない」と言う人がいます。 しかし、人間には必ず何らかの強みがあります。 五十年、六十年と生きている人であれば、なおさらです。 強みがないわけがありません。 ここまで生きてきたのです。 必ず何かがあるものです。 脳は二者 […]

朝に若者が話していたこと

先日の朝、通りを歩いていると、一人の若者が連れに向かって激しい口調でこんなことを言っているのが聞こえた。 「全く世の中の奴なんて、どいつもこいつもみんな自分のことしか考えていないよ。はっきり言わせてもらうけど、それなら俺だって―――」 それ […]

無事是貴人(ぶじこれきにん)

禅語の中で特に有名なものの一つに「無事是貴人(ぶじこれきにん)」『臨済録』という言葉があります。 「無事」という言葉から、「平穏無事で何事もないのが一番」という意味合いに取られることも多いのですが、じつはここで言う「無事」とは、そいう意味で […]

ゆっくりお金持ちになるのは楽?

あなたが人生において成し遂げたいと思っている物事の大半は、 一気に終わらせようとせず、 少しずつ時間をかけた方が、 よりすばらしい成果とより大きな喜びをもたらすのです。 すぐ金持ちになるのは、 ゆっくり金持ちになるよりもずっとむずかしいもの […]

逆境に陥ると、人間は虚栄心とうぬぼれから解放される

逆境に陥ると、人間は虚栄心とうぬぼれから解放される。 また、他人の協力なしには何事も成功しないということに気づき、利己的でいられなくなる。 逆境に陥ると、人間は自分にどれほどの精神的、身体的、霊的力があるかを試される。 それによって、自己の […]

1 3 4 5 6 7 64