神様を味方にする法則

ある74歳のかたのお話です。 そのかたは目に傷があるということで、医者から手術が必要だと言われていました。 「手術をしなければ、おそらくこのまま目が見えなくなるだろう。しかし、手術をしても、必ず見えるようになるとは限らず、見えるようになるか […]

アランの幸福論

■明るいことばを、心からの感謝のことばを、ひとことかけよう。 冷めた料理が運ばれてきても大目に見よう。 この上機嫌の波に乗ればどんな小さな浜辺にでもたどりつける。 オーダーをとってくれるウェーターの声の調子が違ってくる。 テーブルの間を通っ […]

それには「愛」があるか?

自分が現在やっていることや、話している言葉に「愛」があるかどうかと考えてみるといいよね。 わがままで、嫌われてしまうのは、やっていることや使っている言葉に「愛」がないからなんだよ。 あなたの言動に愛があるか、ないかの違いなの。 わかるかな? […]

人生は、避けがたい条件に包まれている

《人生は、避けがたい条件に包まれている》(エマソン) 避けがたい条件とは、「原因があるから、結果がある」「得るものがあれば、失うものがある」など、人生には分離できないものがあるということです。 エマソンはこのことについて、以下のように苦言を […]

人生をもっと楽しんで生きられる

人は皆、幸せに生きたいと願っているが、 〈今日は幸せでなくても、明日幸せになればいい〉 と自分に言いきかせながら毎日を過ごしている人がいる。 厳しいようだが、そういう人はおそらく一生幸せになどなれないのではないだろうか。 「今日、生きている […]

自分の天職はなんでしょうか

私は、「天職」についてよく質問されます。 「自分の天職はなんでしょうか」と。 天職なんてないのです。 答えが早いでしょう(笑)。 天職などありません。 目の前のことを一生懸命やっていると、それが天職になるのです。 この前は、ある男性からこん […]

自分の夢なんて忘れてしまおう

《将来の目標はない方がいい。自分の夢なんて忘れてしまおう》 こんなことを言うと、ちょっとビックリされるかもしれませんが、“成幸”体質っていうのは、より「バカ」になることなんですよ。 よく、 「人生、目標を持つんだよ。自分の目標がない人は、途 […]

弁護士が知る「運がいい生き方」

弁護士をしていますと、たくさんの争い事のご相談を受けます。 その大元には恨みの気持ちがあることも多いようです。 恨みというのは厄介で、近しい人ほど恨んでしまう。 ことに、自分の親兄弟のことを、なぜか恨んでいらっしゃる方は珍しくない。 でも、 […]

平穏無事

人はみな、できれば平穏無事に暮らしたいと願っている。 面倒を避けたい、悪いことは起こってほしくない、 苦しいこともしたくない、危険な思いもしたくない、 といった感じだ。 だったら鳥カゴの中の鳥を思い出していただきたい。 鳥カゴで飼われている […]

喜びの種をまこう

《喜びのタネを播くこと》 釈尊は人間がこの世になしておくべきことは、生まれ変わり、生まれ変わり、一粒でも善きタネを地上に播くことであると諭して下さっている。 間違っても、怒りや憎しみ、苦しみや悲しみのタネを播いてはならない。 できることなら […]

自分の感情を受け入れる人

人生には、満足したり、幸せな気分になったり、 心を安らかになることもたくさんありますが、 イライラしたり、腹が立ったり、落ち込んだり、 怖くなることもいくらでもあるのです。 それらも、人間の感情の一部です。 それに目をつぶれば、 人生の半分 […]

1 2 3 75