長友佑都「おばあちゃんからの手紙が泣ける」

とりとめのないことを書きますが、 自分で咀嚼してください。 命が一番、元気が一番です。心の元気が健康のもと。 心をやわらかく。 苦しさを嬉しさに変える。 何があっても絶対に解決の方法はあります。 いいこと悪いこと、喜び悲しみは表裏一体です。 […]

迷ったときに、どうすればいいのか?

人生においてもっとも重要なのは、楽しく有意義な時間をどれだけ過ごすことができるかではないでしょうか。 もちろん、人生は楽しいことばかりではありません。 目指す目標、すなわち「大義」が高いところにあればあるほど、その道のりは険しいものになるで […]

井上裕之「人間の法則・宇宙の法則」

潜在意識には善と悪の区別はなく、とにかく感情をそのまま受け止めるというのが特徴。 ですから大切なのは、潜在意識にポジティブな発想で働きかけること。 とにかくネガティブな発想を手放すことから始めましょう。 ネガティブな発想があなたの運命を確実 […]

高橋尚子「ゾーンに入る技術」

自分の実力を遺憾なく発揮する選手たちは、結果が出たから感謝するのではなく、感謝するというライフスキルを実践するからこそ、フロー化が起こりパフォーマンスが高まり、結果を出しているのだと考えられる。 このライフスキルの持ち主で思い出すアスリート […]

小林弘幸『超一流の人の「健康」の極意』

たとえば、こんな「実験」をやってみてください。 どんな小さなことでもいいから、あなたが失敗したことを頭に思い浮かべます。 次に、その失敗に対して、一切、言い訳をせず、ただひと言、 「それは自分のプロセスが悪かったのだ」と、 自分自身にきっぱ […]

日野原重明「5000人の死を看取ってきた医師」

「有限の命を生きる」 日野原重明(聖路加病院理事長・同名誉院長) 医師になって70年近い歳月が流れました。 93歳になるまで私はほぼ5000人の死を看取ってきました。 人間は百パーセント死にます。 別の言い方をすると、人間は「死の遺伝子」を […]

母の教え「誕生日に言われた一言」

私の友人の女性のお母さんは、たいへん面倒見の良い人で、困った人がいると放っておけない性分でした。 その人柄を頼って、いつも家には親戚や友人などが泊まっていたそうです。 ある日のこと、彼女の家に母親の知人であるカナダ人一家が泊まりに来ていまし […]

相田みつを「にんげんだもの」

つまづいたり ころんだり したおかげで 物事を深く考えるようになりました あやまちや失敗をくり返したおかげで 少しずつだが 人のやることを 暖かい眼で 見られるようになりました 何回も追いつめられたおかげで 人間としての 自分の弱さと だら […]

乞食の天使のストーリー

「乞食の天使」 いつもよく働く靴屋のもとへ、あるとき、天使が現れました。 乞食の姿になって・・・。 靴屋は乞食の姿を見ると、うんざりしたように言いました。 「おまえが何をしにきたかわかるさ。 しかしね、私は朝から晩まで働いているのに、 家族 […]

イジドール・イザーク・ラービ「物理学での成功の秘訣」

誰かと会うときは、相手への質問を準備しよう。 質問を準備するのは、相手への好奇心を高めることでもある。 せっかくの会話の時間に“相手から聞きたいことが一つもない”という状態は避けなければならない。 たいていの人は、これと逆のことをする。 質 […]

1 39 40 41 42 43 45