「伝わる」には

受け手に思いを伝えるためには、受け手の言って欲しいことを言ってあげればよい。 つまり、送り手の言葉に、受け手がベネフィットを感じればいいのだ。 ところが、これですべてうまくいく、バンザーイ!というわけにはいかない。 このベネフィットってヤツ […]

向こうから近づいてくる

《相手に気に入られるように努力をし続けるより、エネルギーを自分に向け、おもしろい「人格者」になれば、相手が向うから近づいてくる》 恋愛の話になると、「いつも片思い」だとか、「なかなか相手ができない」という人がいます。 そういう人は、「スポー […]

石黒浩氏 未来はこうなる

人はなぜ働かなければならないのでしょう。 もし、もっと高度な技術が実現して、労働をAIやロボットに任せることができれば、人は働かなくてもいいと僕は思います。 その分「自分とは何か」「人間とは何か」「なぜ生きているのか」といった基本問題につい […]

幸せになる眼鏡の正体

ある日、島の反対側に住んでいるという青年が、哲学先生を訪ねてやってきた。 その青年は、この世は悲しみと不正に満ちていると考えていた。 為政者といえば汚職だらけだし、友人には裏切られっぱなし。 幸せはつかんだかと思うとすぐ消えさり、悲しみばか […]

過去の記憶は変えられる

アメリカにおいては300人以上の人たちが身に覚えのない犯罪で服役したことが証明されたが、その4分の3の人たちは目撃者の間違った記憶のせいだったのだ。 アーバインにあるカリフォルニア大学の心理学者エリザベス・ロフタスは、誤解を招く情報が人の記 […]

天才になるには○○が必要

これまで、天才と言われてきた人たちはどうして天才だったのか。 それを考えてみたんです。 天才というのは、生まれ持った天性のなにかがあるということではないと思います。 環境によって、天才にならざるをえなかった人たちなんです。 ぼくたちがいま、 […]

知らないことを否定せず、素直になること

《知らないことを否定せず、素直になることだ。無駄なことなど一つもないのだから。》 「一番程度が悪いのはね、知らないことを否定してしまうことだよ」 笑顔ではあるが、明らかに怒気を含んだひと言でした。 輪廻転生の話が、若手社員に語られていたとき […]

あなたが思っているほど、他人はあなたに関心がない

あなたが思っているほど、他人はあなたに関心がありません。 身も蓋(ふた)もないことを書きましたが、これは事実です。 私たちは日常の多くの状況において自意識過剰であり、自己評価も高すぎます。 その原因は、相対感が強すぎる、ということがほとんど […]

絶対に正直でなければならない=ウソをつくことは罪?

例えば、「絶対に正直でなければならない」と強く思っている人は、 自分がウソをついたとき、 「ウソをつくことは罪だ」と思う分だけ、自責の念にかられます。 同じように相手がウソをついたときは、自分が正直な分だけ、 相手に正直さを要求して相手を責 […]

「身口意」の法則 密教とはなにか?

密教とはなにか? 一言でいえば、仏教の中でも言葉では伝えられない秘密の教えのこと。 その中で最も重要なもののひとつが、「身口意(しんくい)」の法則です。 「身」…やっていること(行動) 「口」…言っていること(言葉・思考) 「意」…思ってい […]

ありのままの自分を愛してあげよう

人間関係も、出来事も、みんな見る方向、見る距離、見るときによって、千差万別の様相を呈します。 その意味では、あなたはあなたの目だけを信じてはいけません。 あなたの目はいくらたしかだと思えても、 あなたの目から見えるのとはまた別の姿があること […]

斉藤一人さんにとっての“勇気”って何ですか?

この前、質問されたの。 一人さんにとっての“勇気”って何ですか?って。 自分にできないことや、苦手なことに積極果敢に挑んでいく、その心のことを勇気だと思っている人が多いけど、一人さんはどう思いますか?って。 一人さんの答え、オレはこう言った […]

1 2 3 46