ビートたけし「テレビじゃ言えない」

昔から寄付だとかボランティアってのは、世間にバレないようにコッソリやるのが当たり前で、それが美徳だったと思うけどな。 寄付するのはかまわネェけど、「私は寄付しました」っておおっぴらに名乗るのは、何だか違う感じがするね。 ニッポン人の「粋」っ […]

自分の生きている位置を知る

インディアナ州との境にあるルイズビルの町のパプテスト教会で、 白い服を着たカーネル・サンダース氏にお目にかかったことがあります。 彼はその時、すでに70歳を過ぎておられましたが、 60歳過ぎてもどんな商売も当たらず、 貧乏のどん底で苦労され […]

勝俣州和がタレントに返り咲いた話

「お前、よく返り咲いたなぁ」と言ったら「ハイ、あの時、教えてもらった通りにやったらうまくいきました!」と勝俣くん。 「お前に何か言った?」。全く忘れています。 僕は彼にこう言ったそうです。 「お前ねぇ、今、ディレクターをやっている土屋とか、 […]

清水克衛「答えが知りたい人へ」

今はみんな、すぐ答えを欲しがります。 なんでもかんでも、例えば恋愛でさえも答えを急ぐものだから、「モテる方法」みたいな本ばっかり書店に並んでいる。 うちにもよく、「売り上げをアップする方法が書いてある本はないですか?」と尋ねてくる人がいらっ […]

萩本欽一「一番尊敬する芸能人」

『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のナレーターなどで活躍した『おヒョイさん』こと藤村俊二さん。 仕事中でもヒョイといなくなり、そしてヒョイと現れる。 だから『おヒョイさん』というニックネームがついたようです。 最初に会った頃、おヒョイさ […]

苫米地英人「すべてを手に入れる残り97%の脳の使い方」

もしも、あなたが外国でレストランに入ったとしましょう。 あなたは、その国の言葉を読むことができません。 ですから、メニューが読めないわけです。 一緒に来ている友人は、その国で生活をしているので、メニューも読めますし、何がおいしいかも知ってい […]

萩本欽一「成功っていうのは、安全な道にはないんです」

成功っていうのは、安全な道にはないんです。 安全な道には、失敗もない。 でも、大成功というのは、ひじょうに危険な道にしかない。 どうして危険な道が大成功なのかというと、危険な道はめったに人が通らないから。 だから、大成功なんだよね。 困った […]

SMAP“中居正広”の「家訓」の話

父親の正志さんは、死の間際、息子に家訓をしたためた。 これは中居が病状に伏した父親に何度も頼んでいたことだそうだ。 鶴瓶は言う。 「亡骸と対面するとき、泣きましたよ。 家訓がね、書いてあって。 (中居が)『書いてくれたんだよ』って。 で、そ […]

稲盛和夫「才に使われるな」

よく「才に使われるな」と言います。 才能のある人はつい自分の才能を鼻にかけ、傲慢に振る舞ってしまいます。 それは、日本航空の例をみても明らかです。 以前の日本航空は、「親方日の丸」の組織体質のなか、官僚的な経営幹部が頭だけで会社を引っ張って […]

幕末から明治期にかけて活躍された資本主義の父

幕末から明治期にかけて活躍された資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一さんが、貧しい人や、浮浪少年などの世話をする施設である「養育院」をつくったことがあるんです。 そこに収容される人物たちを長年観察していると渋沢さんは一貫した特徴があることに気づい […]

1 2 3 4 5 34