野村忠宏「悪いことばかり考えてしまう」対処法

柔道で五輪金メダル三連覇をなしとげた柔道の野村忠宏さんと対談をしたことがあります。 彼は一般の印象とは違って、自分は心配性でひじょうに気が小さいところがありますと話されていました。 「もう悪いことばかり考えてしまう」と言っていました。 世界 […]

モーツァルトに始まってモーツァルトに終わる

オーストリアのザルツブルクというところで生まれたモーツァルトは、35歳という若さで亡くなりましたが、ベートーヴェンなどの、他のどんな作曲家よりも、熱烈なモーツァルト・ファンが、圧倒的に多いのはよく知られたことであります。 私も、モーツァルト […]

野村克也「監督とチーム」

人柄がいいというのは、得難いことだ。 私は人柄を褒められたことはほとんどないし、自分でも人柄がいいとは思っていないが、人柄がいい人を見ると、応援したくなる。 人柄がいい選手は、野球の実力はともかく、みんなをいい気持ちにさせてくれる。 それが […]

明石家さんま「自分の名前で勝負すること」

尊敬する明石家さんまさんとは、出会ってからかれこれ25年になります。 そのためか僕はよく、人から「さんまさんって恐い人ですか」と聞かれるのですが、そういう時には「めちゃくちゃいい人だけど、めちゃくちゃ恐い」と答えるようにしています。 いい人 […]

これからお金を稼ごう

「お金というのは経済を回していくための道具に過ぎません」 「今後、さらに紙幣や硬貨は電子マネー化し、どんどん便利に、同時に実体がなかなかつかめないものになっていくでしょう」 「お金そのものも進化しているのです。だから、使う人間も知識で武装し […]

マザー・テレサが日本で印象に残っていること

私は先日ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんとお会いして、マザー・テレサについてお話を聞くことができました。 渡辺さんは『置かれた場所で咲きなさい』という本がベストセラーになった方で、ノートルダム修道女会のシスターでもいらっしゃいます。 […]

稲盛和夫「成功への情熱」

人生とは自分自身が主役を演ずるドラマです。 しかし実生活のドラマでは、単に演ずる以上のことをしなければなりません。 自分自身で脚本を書くのです。 始めから結末がわかっているドラマと違い、どういうドラマを描くかは、私たち次第なのです。 運命は […]

武田双雲「リアクションの天才」

リアルタイムでハッピーを味わいつくす達人に、書道家の武田双雲くんがいます。 双雲くんは感謝とリアクションの天才です。 彼の様子を見ていると、周りの人も何だかうれしくなってしまいます。 たとえば一緒にごはんを食べに行ったりすると、双雲くんは、 […]

松下幸之助「失敗の考え方」

自信というのは、生きる上で非常に大切なものですな。 第一そうしたものがなければ、生きていてもこんなに頼りないことはない。 もっとも、自信を持ちすぎるのも困りものですがね…。 ぼくも、自信をなくすという経験は何度となくしてますわ。 悲観して、 […]

堀江貴文「一番のリスク」

《行動しないことが一番のリスク》 「失敗のリスクを考えると新しいことに挑戦できない」という人がいる。 しかし、恐れていても何もメリットはない。 自分で勝手に「できない理由」を考えているにすぎないのではないだろうか。 よく考えてみてほしい。 […]

ココ・シャネル「かけがえのない人間であるために」

《かけがえのない人間であるためには、人と違っていなければならない》 シャネルは生涯を通して、「ほかの人と自分を区別する」ことを意識し続け、「ほかの人と同じことをして安心する」人たちから遠く離れたところにいました。 「自分と自分以外の人との違 […]

1 2 3 38